353log

主に映画の感想文を書いています

【2021改訂版】動画配信サービスで観れる大林宣彦監督作品23本をリストアップ&簡単に紹介します

動画配信サービスで観れる大林宣彦監督作品23本をリストアップ&簡単に紹介します

2020年4月10日に82歳で亡くなられた映画作家大林宣彦監督。昨年その訃報に触れるまで大林作品をひとつも観たことのなかったわたしですが、軽い気持ちで手を出してみたところ自分でも驚くほど魅了され、気付けば動画配信サービスで取り扱いのある作品(当時21本)を手当たり次第に鑑賞。2ヶ月で観終えてしまいました。

そんなわけでこの記事では、主要動画配信サービスで観れる大林作品をリストアップします。また併せて、配信されている全23+1作品の簡単な紹介もしていきます。大林作品の世界へ一歩踏み込むお手伝いができれば幸いです。

※本稿は2020年6月にアップした記事「動画配信サービスで観れる大林宣彦監督作品21本をリストアップ&簡単に紹介します」の2021年4月改訂版です。

動画配信サービスで観れる大林作品リスト

以下、2021年4月10日時点の調査結果です(同内容のスプレッドシートも用意しています)。

【リスト画像】動画配信サービスで観れる大林宣彦監督作品23+1本

リストからは割愛しましたが、Netflixでは『時をかける少女』『さびしんぼう』の2タイトルのみが現在配信されています。

昨年6月時点から比べると全体的に配信作品が増えており(嬉しい!)、なかでもU-NEXTがかなり強くなっているようです。U-NEXTは基本料こそ高いですが、PrimeVideoのほぼ全作品が課金制になっていることを考えると現状一択かもしれません(課金の必要な2作品もポイントで観れますね)。

注意点など
  • 2021年4月10日時点での配信状況です。
  • タイトル横の番号は公開順の通し番号です(遺作は『海辺の映画館』)。非常に多作なため、ここではWikipedia掲載のフィルモグラフィーに準拠しています。抜けている場合は「配信されていない(と思われる)作品」です
  • 二重丸は各サービスの見放題プラン該当作品。価格表記のあるものは基本料金にプラスして課金が必要な作品です(HD画質のレンタル価格を記載)。「一箇所でしか配信されていない作品」には色付けしてあります。
  • 右側の3サービスは利用したことがありません。いずれもFilmarksの動画配信案内に表示されるサービスということで参考までに「取り扱いの有無のみ」調べて掲載しています。
  • レイアウトを手っ取り早く保ちたかったため、テキストではなく画像での掲載となりました。同内容のスプレッドシートも併せてご利用ください。

配信されていない作品

全作品数が44本、配信されている作品数が23本。ということはそうです、約半分の作品が配信されていないのです。Wikipediaのフィルモグラフィーを参照してみると、80年代後半から2000年初頭の作品はほとんど配信されていないことが分かります。

そしておそらく多くの方がぶち当たることでしょう、よりによって超代表作と言われる『転校生』の配信がどこにもないのです。『転校生 -さよなら あなた-』はセルフリメイクの別作品ですのでご注意ください(よい作品ですが、1本目には不向きです)。

未配信の作品を観る手段については最後に少し書くとして、まずは僭越ながら上記リストにある各作品を簡単にご紹介していきます。私見に基づく「こんな順番で観たらいいかも」の並びにしてありますので参考にしていただければと思います。タイトル横の【雑感】はより詳細な感想記事へのリンクです。

【目次】
  1. 入門編におすすめの作品
  2. 比較的クセのない作品
  3. 優先順位は低めだけど……な作品
  4. 心して観たい戦争三部作+遺作
  5. 意外とこれは必見です(番外編)
  6. 無理して観なくてもいい作品
  7. ドキュメンタリー作品
  8. 配信されていない作品を観る手段


入門編におすすめの作品

やはり初期の名作から入るのが、合う合わないは別として間違いないのではないでしょうか。僭越ながらわたしの観た順番でまずは3本、ご紹介します。

※改訂に際し、もう1本追加しておきます。

「HOUSE/ハウス(1977)」 【雑感】

映画監督デビュー作にして、大林作品との相性を判断するリトマス試験紙のような作品だと思っています。この映画を観て思わず笑ってしまったら「合う」。顔をしかめてしまったら「合わない」。まずはこれから試してみてはいかがでしょう。相当キワモノではありますが。
出演:池上季実子大場久美子南田洋子 ほか
可愛い女の子たちが「家」に食べられちゃうアイドルホラー。え、意味が分からない? 観たらもっと分からなくなります。

時をかける少女(1983)」 【雑感】

おそらく一番有名なタイトル。ただし、細田守監督のアニメ版みたいなお話を期待していると面食らうこと必至です。かなり変な映画ですが、最後の最後まで観ればきっと大林作品の魅力に触れることができるはず。
出演:原田知世高柳良一尾美としのり ほか
気付いたら同じ一日をループしていた女の子の物語。この映画と原田知世さんに人生を狂わされた人は多いと聞きます。ユーミンの手がけた名曲が主題歌です。

さびしんぼう(1985)」 【雑感】

わたしはこれが決定打でした。不思議な切なさが心に残る映画。ちなみに、『転校生』『時をかける少女』そして本作で「尾道三部作」と一般的に括られます。大林作品を象徴する舞台、広島県尾道市を味わうのにも最適な一本です。
出演:富田靖子尾美としのり藤田弓子 ほか
ショパンの「別れの曲」を口ずさみながら展開していく、SF=少し・不思議な物語。ヒロインの富田靖子さんは一人二役(最終的には四役!)を演じます。

「ふたり(1991)」 【雑感】

「新・尾道三部作」の1作目。大林監督が亡くなられた後に配信解禁となり、ようやく観ることができました。クセはありますが大林作品の魅力凝縮度ということでは今ならこれを1本目におすすめするかもしれません。
出演:石田ひかり中嶋朋子 ほか
事故で死んだお姉ちゃんの幽霊に支えてもらいながら成長していく妹の物語。久石譲さんによるジブリ系統な劇伴と、さらにエンドロールの衝撃的名曲が特筆事項です。


比較的クセのない作品

大林監督の作風に対する免疫がなくても観やすいと思われる作品をいくつか挙げてみます。先に挙げた4本ではなく、このへんからじんわり入っていくのもありかもしれません。

「廃市(1984)」 【雑感】

「はいし」と読みます。大林組が2週間の夏休みを活用して自主製作で撮った映画だそうですが(休みとは)、クセのなさではトップクラス。すごく好きな一本です。大林作品合わないな、と思った方にもこれだけは観てほしいです。
出演:小林聡美山下規介尾美としのり ほか
“日本のヴェニス”こと福岡県柳川市を舞台に、水の音とともに流れていく静かな物語。聡明で快活なヒロインを演じる小林聡美さんがそれはそれは魅力的。

天国にいちばん近い島1984)」 【雑感】

時をかける少女』に引き続いての原田知世さん主演作。黄金期ハリウッド映画を思わせるロマンチックな音楽、海外ロケの開放的な空気感。ひとり旅がお好きな方なら、きっと気に入る一本です。
出演:原田知世高柳良一峰岸徹 ほか
思いつきで単身ニューカレドニアへ旅立った少女の行き当たりばったりな旅行記原田知世さんによる主題歌も素敵。

異人たちとの夏(1988)」 【雑感】

ずばり泣ける映画です。先に挙げた作品は若者たちが主役でしたが、こちらは大人のお話。夏の夜によく冷えた缶ビールと甘さ控えめのバニラアイスを用意して観てください。すき焼きの準備もしておくとモアベター
出演:風間杜夫片岡鶴太郎秋吉久美子名取裕子 ほか
幼い頃に事故で亡くしたはずの両親とうっかり再会してしまい、いけないと思いつつも幸せの沼にずぶずぶはまっていく大きな子供の物語。お盆のファンタジー

青春デンデケデケデケ(1992)」 【雑感】

大林作品に通底している死の匂いみたいなものが一切ない、珍しく普通に「いい映画」。とても誠実な作りの音楽映画で、とりあえず刺激の少ない作品から始めてみたい方には最適です。
出演:林泰文浅野忠信 ほか
ベンチャーズから「電気的啓示」を受けた男子高校生たちがバンド活動に青春を捧げるお話。デビューしたての浅野忠信さんが薄幸美少年なギタリストを演じています。

「理由(2004)」 【雑感】

2000年代以降の作品は総じてクセが強いため、「慣らし」としてこれから入るのがおすすめです。後期作品特有の味気ない奇抜さみたいなものを存分に体験できて、かつ物語自体の難解さはミステリー的なそれに収まっているのがおすすめポイント。
出演:岸部一徳 ほか総勢107名
宮部みゆきさんのミステリー小説を映画化したもの。なんといっても出演者の多さが見どころ! ビッグネームがチョイ役でどんどん登場します。


優先順位は低めだけど……な作品

キャリア終盤の三部作はもちろん観ていただきたいのですが、その前にもう少しいろいろ観ておくと「好き」が極まることでしょう。
※年代順に紹介しているため、おすすめ順とはやや異なります。

ねらわれた学園(1981)」 【雑感】

薬師丸ひろ子さんが主演した唯一の大林作品。初見時のわたしは「ジェネリック時かけ』みたいな映画」という感想を残していました。都庁建設前の新宿副都心をロケ地にしているところなど、特撮ヒーローものっぽさもある楽しい一本です。
出演:薬師丸ひろ子高柳良一 ほか
あたしたちの学校が謎の転校生に乗っ取られちゃう! 守らなきゃ!っていう話。何気にユーミンの「守ってあげたい」が主題歌。

「女ざかり(1994)」 【雑感】

吉永小百合さんが主演の作品! といってもきっとタイトルから想像するようなものとは違い、ひたすら食べて喋って怪事件に巻き込まれたりする変な映画です。『花筐/HANAGATAMI』より先に観ておくと、ちょっと楽しいかもしれません。
出演:吉永小百合三國連太郎津川雅彦 ほか
新聞社の論説委員に抜擢されたヒロインが意気揚々と社説を書いたら大問題に発展しちゃって……というお話。キャストの平均年齢はダントツ高め。

「SADA〜戯作・阿部定の生涯(1998)」 【雑感】

黒木瞳さんが昭和のマッドヒロイン「阿部定」を演じた作品。こちらも『花筐/HANAGATAMI』に通じる昭和モダンな世界観の、コケティッシュな一本です。主題歌が妙に耳に残る……。サバダバダ……。
出演:黒木瞳片岡鶴太郎 ほか
昭和の怪事件「阿部定事件」を描いた物語。黒木瞳さんのエロスを堪能せよ。

「転校生 -さよなら あなた-(2007)」 【雑感】

『転校生』のセルフリメイク。配信のみで追っていく場合、これをいつ観るべきか、っていうか観ちゃっていいのか、というのは大きな悩みどころとなりますが、個人的経験から言えばオリジナル未見のまま観て大丈夫です。ただし、ある程度“免疫”をつけてからのほうが吉。
出演:蓮佛美沙子森田直幸 ほか
男女入れ替わり物語。小林聡美×尾美としのりコンビのオリジナル版(1982年)は、新海誠監督の『君の名は。』などにも大きな影響を与えました。このリメイク版では後半の展開が異なります。

その日のまえに(2008)」 【雑感】

泣けると評判の同名小説を映画化したもので、大林作品にしては珍しく正攻法でウェットに泣かされます。とはいえ後期作品のためクセはかなり強め。主要配信サービスだとHuluでしか配信されていないこともあり、わたしは最後に観ました。
出演:永作博美南原清隆 ほか
永作博美さん演じる余命わずかの主人公が、来たる「その日」に向けて着々と支度をしていく物語。遺される夫をナンチャンが好演。


心して観たい戦争三部作+遺作

キャリア最終期の骨太な作品たち。直接的に戦争をテーマにしていることから「戦争三部作」と呼ばれますが、大林作品の根底には最初から常に「戦争」が流れているので、あくまで便宜上の呼称です。いずれも3時間近い長尺。心してどうぞ(真面目一辺倒な映画ではないのでご安心を)。

※改訂に際し、遺作『海辺の映画館』を追加しました。

「この空の花 長岡花火物語(2012)」 【雑感】

大林監督のフィルモグラフィーにおいて最も強烈なパワーを持った作品かもしれません。初のオールデジタル製作ということで奇抜に奇抜を重ねた演出・編集の数々、しかしなぜかボロボロ涙が出てくる大団円。ものすごい体験ができます。
出演:松雪泰子高嶋政宏猪俣南 ほか
広島・長崎に先立って空襲の被害を受けた新潟県長岡市を舞台に、太平洋戦争の知られざる側面を学び、平和な未来を強く願う物語。一輪車に乗ったセーラー服ヒロイン、猪俣南さんの怪演が至高。

野のなななのか(2014)」 【雑感】

「戦争三部作」のなかでは最もシンプルに美しい映画、そして個人的にいちばん好きな作品です。読みづらい「なななのか」というタイトルは「七×七日=四十九日」のこと。この時期は生と死の境界が曖昧なのだそうで、つまりそういうお話になっています。
出演:品川徹常盤貴子安達祐実/寺島咲/山崎紘菜 ほか
北海道では玉音放送以降もしばらく戦争が続いていた……というお勉強要素を背景に展開する、生も死も時系列も入り乱れた物語。常盤貴子さんと安達祐実さんのWミューズが最強に眼福です。

「花筐/HANAGATAMI(2017)」 【雑感】

じつはデビュー作『HOUSE/ハウス』よりも前から温められていたという作品。本作のクランクイン直前に大林監督は肺がんのステージ4、余命半年と宣告されます。少なからず「遺作」と意識して撮ったであろう映画が放つ執念のようなものは強烈です。
出演:窪塚俊介矢作穂香山崎紘菜常盤貴子 ほか
太平洋戦争前夜の昭和モダンな世界で繰り広げられる純文学的物語。TOHOシネマズの幕間でおなじみ山崎紘菜さんはこの三部作から遺作まで全て出演しています。最後のミューズだったのかも。

「海辺の映画館─キネマの玉手箱(2020)」 【雑感】

大林映画オールスターキャスト大集結で戦争と映画と大林宣彦を描く、完璧な遺作。自分自身の語りたいことをここまで貫き通した映画作家が果たしてどれだけいるでしょうか。監督は本作の公開予定日に亡くなられました。
出演:吉田玲/常盤貴子山崎紘菜成海璃子/厚木拓郎/細山田隆人細田善彦 ほか多数
主人公たちが映画の世界に飛び込むことで、縁遠かった戦争を「自分ごと」として考えるようになっていくお話。3時間ぎっしり隙間なく詰め込まれた映像・音・文字の密度はもはや規格外。何が来ても大丈夫、な状態に仕上がってから観てください。


意外とこれは必見です

ちょいと一本だけ、番外編。

金田一耕助の冒険(1979)」 【雑感】

明らかにキワモノっぽいのに各種配信サービスで取り扱いのある、つい警戒してしまう一本。ところがどっこい、すっかり大林ファンを自認してきた頃に観るとこれは最高の(セルフ)ファンムービーかもしれません。大林作品にしては珍しく、パロディやオマージュに満ちた映画です。
出演:古田一行/田中邦衛/熊谷美由紀(松田美由紀) ほか
古田一行さん主演の金田一耕助シリーズ番外編として作られていますが、過去作未見でも楽しめました。特筆すべきは若き松田美由紀さんの可愛さ! 必見!


無理して観なくてもいい作品

でも、ここまで来たらもう全部観たくなっていますよね。下に行くにつれ、「無理しなくていいよ度(私見)」高めです。

「姉妹坂(1985)」 【雑感】

本作の撮影が延期になったため、出演者のひとり富田靖子さんの冬休みを使って隙間時間に撮ったのが『さびしんぼう』なのだそうです。名作というのは狙って作れるものではないのですね(含みあり)。前半はB級コメディなのに、終盤へ向けどんどん静かになっていく妙な映画です。
出演:紺野美沙子浅野温子沢口靖子富田靖子尾美としのり ほか
血縁関係のない四姉妹の物語。京都舞台という大林作品には珍しいロケーションと、女性陣の魅力を楽しむ作品。特に沢口靖子さんの美人っぷりにはたまげます。

「彼のオートバイ、彼女の島(1986)」 【雑感】

タイトルからなんとなく察せるとおり、トレンディな内容で時代感じまくり、エバーグリーンとは程遠い作品ですが、見どころ語りどころは案外あります。目の保養にはおすすめできます。
出演:原田貴和子/渡辺典子/竹内力 ほか
彼と彼女とオートバイの三角関係、みたいな物語。原田貴和子さん(原田知世さんの姉!)の美麗ヌード、渡辺典子さんの完璧なお顔立ち、そして何より衝撃的なのは若き日の竹内力さん。

「ふりむけば愛(1978)」 【雑感】

こちらもトレンディすぎて失笑の作品、しかしモモトモ映画! 無下にはできない……。山口百恵さんと三浦友和さんは、共演8作目となる本作の撮影中にいよいよ結婚を決心したといいます。じつは大林監督、この二人の人生にかなり深く関わっているのです(気になる方は調べてみてくださいね)。
出演:山口百恵三浦友和 ほか
サンフランシスコで恋に堕ち、日本でまた会おうねって約束したのに……。という物語。ちゃんとサンフランシスコでロケしてます。

少年ケニヤ1984)」 【雑感】

なんと、アニメです。原作(1950年代に人気を博した冒険絵物語だそうです)がもともと大胆な展開であることに加え、アニメでもひたすら実験的手法を試そうとする大林監督の貪欲さが最悪のマリアージュを見せています。いや、楽しいは楽しいですけどね。
声の出演:原田知世高柳良一 ほか
太平洋戦争勃発のタイミングで運悪くアフリカにいた日本人少年の冒険物語。『時かけ』コンビが声優をしていますが、高柳良一さんの棒読みっぷりが……必聴。


ドキュメンタリー作品

NHKオンデマンドなどでも複数観ることができますが(詳細はこちら)、ここではドキュメント映画としてパッケージングされた1本をご紹介します。

大林宣彦&恭子の成城物語 〜夫婦で歩んだ60年の映画作り〜(2019)」 【雑感】

大林監督と、その奥様でありプロデューサーの大林恭子さんに密着したドキュメンタリー作品です(監督は犬童一心高橋栄樹Wクレジット)。語られるのは大林夫妻の生まれ育ちから、成城大学での出逢い、結婚、共に過ごした60年の映画人生。非常に「尊い」内容となっています。
出演:大林宣彦/大林恭子 ほか
大林宣彦という才能とか想いだけでなく“夫婦”で見ていかないと、続いてないしやり切れないし、大林さんはああいう形になっていない」とは犬童監督の談。

以上、23+1作品でした!


配信されていない作品を観る手段

ここに挙げた以外にも、自主映画時代を含めると膨大な数の「大林映画」が存在します。配信されていない作品を観たい場合、まずは宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCASがおすすめです。かなりの部分を補完することができます。

自主映画に関してはDVD大林宣彦青春回顧録を購入してしまうのが手っ取り早いでしょう。ここまできた方なら確実に「ドラキュラ観てえ〜〜」とか思っているはず。そのへんの代表作をこの1本でカバーできます。

大林宣彦青春回顧録 DVD SPECIAL EDITION

大林宣彦青春回顧録 DVD SPECIAL EDITION

  • 発売日: 2001/05/23
  • メディア: DVD

その他わたしの場合は新文芸坐さんでの追悼特集だったり、ご息女の大林千茱萸さんがプロデュースされたオンライン映画祭の企画だったりにタイミングよく間に合って結果的に40本以上は観ることができました。今後も折に触れそういった企画は出てくるはずですので是非チェックしてみてください。

また大林監督は著書も多く、ムック本も多数出版されています。いくつかタイトルのみご紹介しておきますが、大林作品は監督を知ることでよりおもしろくなりますよ! 最近文庫化された『ぼくの映画人生』あたりが入り口にはいいかもしれません。

これから大林ワールドに足を突っ込もうとされている方、この沼は深く魅力的です。存分にお楽しみください。