353log

主に映画の感想文を書いています

観光映画としての「天気の子(2019)」

f:id:threefivethree:20190720094417p:plain

新海誠監督の最新作。特別ファンというわけでもありませんが(と言いつつ新海誠展は行っている)、国民的話題作となる可能性のある作品は人の感想が入る前に観ておこうと初日鑑賞。シネマイレージが溜まっていたのでお安くIMAXかぶりつきをさせていただきました。「海獣の子供」のリベンジ。

物語の内容についてはわたしなんぞが書くことではないかなと思い、ここでは印象的だった風景について少し。ネタバレ含みます。

言わずもがな新海作品は背景美術の美しさが特徴的で、今回も監督お得意の新宿をはじめとした東京都心の描写が素晴らしかったです。お馴染みドコモビルから始まり、建設中の新国立競技場がフレームインしてくるところで「おっ」となった人多いんじゃないでしょうか。実写映画ではないのに記録的価値のあるクオリティなのが新海作品のすごいところですね。60年後くらいに「東京オリンピック直前を描いた映画」として見られてたらいいな。(あと多分、池袋シネマサンシャインが映る最後の映画かな)

東京都心がメインの舞台ではありますが、「夜の東京」にスポットを当てているところがこれまでとは違う雰囲気を感じさせます。歌舞伎町にホテル街、無毒無害な作品と思って観にきた人は結構戸惑っちゃうかもというぐらいのダークさがある作品でした。風俗で働こうとするヒロイン、拳銃を拾っちゃう主人公、いちばん心暖まるシーンはラブホ。意外でした。

まあでも本当、絵が綺麗で。散々見慣れた景色も、絵に描かれると妙に感動しちゃうのは何故なんでしょう。施設名からサービス名まで、全て実在の名称で登場するのも地続き感があってとても好きです。コカコーラをコケコーラにする的な、ちょっと変えときましたってやつが非常に嫌いなので、個人的にはこれだけでかなり得点高いです。

そのおかげで、終盤の「地続きだけどちょっと現実離れした世界観」というのが際立っていて好みでした。まさか沈むとは。藤子・F・不二雄のSF短編「みどりの守り神」とかああいう東京が森になってるような話、たまらんのです。監督曰くここ数年の所謂「異常気象」から着想したらしい本作の物語、現実離れとは言ったものの「あながち……」なのがとても不思議な感覚にさせられます。

藤子不二雄SF全短篇 (第2巻) 「みどりの守り神」

藤子不二雄SF全短篇 (第2巻) 「みどりの守り神」

先日「海獣の子供」で驚いた「ぐりぐり動く背景美術」みたいなのも、これきっと今の最先端なんですね。今回こちらでもかなり使われていました。同じ技術なのかは分かりませんが、3Dマッピングとでも言うんでしょうか、背景美術かと思いきや360度回る! ビル群の夜景をカメラが飛び回る! みたいな、3Dアニメーション要素がかなり強くなっていて、「君の名は。」からの技術進歩すごいなあと思いました。

観光映画としての「天気の子」

どこかのキャッチコピーじゃないですが「東京は美しい」と思いながら観ていました。そう遠くないところに住んでるのに聖地巡礼したくなるような作品です。海外の日本アニメファンならなおのことでしょう。わたしの場合はニューヨークを舞台にした映画を山ほど観て気持ちを募らせて訪れて…ということをやりましたけど(ニューヨークひとり旅の記録2018)、本作を観て気持ちを募らせ東京を訪れる海外の人、かなりの数出てくるはず。

ニューヨーク旅行から帰ってきて意識するようになったことがあって、それは「自分にとってのニューヨークと同じように、日本に憧れてる海外の人も大勢いるんだよな」ということ。わたしがあっちでなんてことない全てに感動していたのと同じように、日本の、東京のなんてことない全てに感動する人もいるんだよなと。そう思うようになって以来、いつもの景色を意識的に「観光地として見る」ことをするようになりました。観光客っぽく撮ってみたりとか。町田ですけど。

f:id:threefivethree:20190705231805j:plain
例: 「初めての町田に感動(?)した外国人観光客が撮った風」町田

結構これが楽しくて。憧れの地トーキョーへ電車一本30分で行けるような場所に住んでるのすごいじゃん、とかちょっと思えるようになったんですよね。ブルックリンに住んでるようなもんですよ(思い込みは大事)。「天気の子」は、これまでの新海作品よりもさらに強く、そんな視点を持たせてくれる映画だと思います。

ともすると海外の人を通じて気づかされがちな「灯台下暗し」の魅力を、しっかり日本人として意識的に発信することに注力している新海誠監督は素晴らしいなあという感想でした。

ちょいとばかり超個人的なただの感想を書くと、やはり「君の名は。」のバランス感覚はすごかったんだなとか、脇役のキャラが濃すぎてあかんとか(なんだあのリーゼント警部)ていうか警察に追われるくだりなくてもいいのではとか、どっかで見たような要素を詰め込みすぎてて散漫な気がするとか、比較的冷静に観ちゃった感はあるんですが一定水準以上には楽しめておりますのでぜひ大きなスクリーンで東京の風景をお楽しみください。

また、ちょうど京アニの痛ましい事件があったばかりで、これまで何も思わず流し見していたスタッフロールにとても複雑な感情が生じました。このタイミングでプロモーションや舞台挨拶回りをしなければいけない新海監督も不憫です。とりあえず「天気の子」観てこよ…と思ったのでありました。然るべきところへお金は回るでしょう。

(2019年68本目/劇場鑑賞) 雨続きの今夏、まさしくリアルタイムで楽しめる一本です。

言の葉の庭

言の葉の庭

雨といったらこちらも外せませんけどね! 未見の方は、ぜひ!

聖なる鹿殺し(2017)

f:id:threefivethree:20190718220424p:plain

女王陛下のお気に入り(2019)」のヨルゴス・ランティモス監督作品。正式な邦題は「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」。

字面だけ見ると「聖なる・鹿殺し」なのかと思ったんですが、The Killing of a Sacred Deer なので「聖なる鹿・殺し」なんですね。声に出して言うとき、どういうイントネーションにしたらいいんだろう。聖↑な↑る↑鹿↑ 殺し↓ かな…。

さておき、ヨルゴス・ランティモス監督作品マラソン、最後です! 観る順番は気分で決めたのでばらばら。いやしかしこれ、最後に取っておいて正解だったかも。だってめちゃくちゃ趣味悪い映画ですもん(笑)

どういう映画か

ホラーですね。PrimeVideoのジャンル欄に「ホラー」とだけ書いてあるのを見て、この人がホラー撮ったらどえらい悪趣味なもんになるんじゃ…と思わず身構えました。ええ、とても悪趣味でした。

主人公スティーブンコリン・ファレルとその妻アナニコール・キッドマンはお医者さん夫婦。可愛い息子と娘に恵まれ、ハイソで理想的な生活を送っています。スティーブンは、マーティンという少年と交流がありました。少年は父親を病気で亡くしていたため、スティーブンのことを父のように慕ってくれます。ちなみに彼の父を手術したのはスティーブンで、死因は医療ミスでした。

ある日突然、息子ボブの脚が動かなくなり搬送されます。心因性だと診断されますが、心当たりがなく腑に落ちません。そんなスティーブンに、突如マーティンが警告をします。ほどなくして「4つの悲劇」があなた以外の家族に襲いかかるよ。①立てなくなる ②食べられなくなる ③目から血を流す ④死ぬ。 誰かひとり選んで殺さないと全員死ぬよ。さあ急いで。

わあ怖い。書きながら背筋がゾッと。つまり少年マーティンは「父殺し」の代償をスティーブンに払わせようとしていたのです。

まっ、そんな映画ですね。

ザ・不条理ホラー

前回「籠の中の乙女」の感想で、一見ぶっ飛んでるけどじつは筋の通った映画ですなんてことを書いたんですけど、本作は逆に全く筋が通ってないお話です。「ロブスター」の「独り身が45日間続くと動物にされる」が可愛く見えてくるくらい不条理。なんで?! 知るか!! っていう強引さでお話が進んでいきます。事態が好転するでもなく、謎の「呪い」に抗えないまま「誰かひとりを選んで」幕引きに向かっていく家族の姿はめちゃくちゃホラーです。家族愛なんて、なかったんや…。

ヨルゴス・ランティモス作品のなかで「籠の中の乙女」や「女王陛下のお気に入り」が《滑稽に見えるけど、あながち…》系だとしたら、「ロブスター」とこの「聖なる鹿殺し」は《愛なんてもんは、所詮…》系かなと思いました。不条理設定も通じるところがあります。あと、どっちも両目やられる。悪趣味。

こわい要素いろいろ

まずはですね、ニコール・キッドマンですね。この人、立ってるだけでホラーですからね。庭の草木に水やってるだけのシーンで腰抜かしそうになりましたよ。彫刻のように美しくて、こわい! ニコール・キッドマンでホラーというと個人的には「アイズ・ワイド・シャット(1999)」。そういえばあっちも医者でした。

本作のカメラワークがキューブリック的なこともあり、何かと「アイズ〜」を連想してしまっていました。

それから、マーティン役のバリー・コーガン。彼は確実にMVPです。だって、超やべえもん、何あいつ、超やべえよ。タイ・シェリダンみたいな顔して超サイコパスじゃん超やべえよ。彼がいなければこの映画はここまで印象的なものとはなっていなかったことでしょう。まさに怪優ですね。 f:id:threefivethree:20190718213554j:plain 最初は超好青年、でもいつしか「あれ…?」って感じになってきて、コイツ深入りしちゃマズいんじゃね?と思ったところで「おはよう先生」。あんなに恐ろしい「おはよう」があろうか。下手したら邦題が「モーニン 〜世界一こわい“おはよう”の仕方〜」とかになってた可能性すらある。

なお彼、どうやら「ダンケルク(2017)」に出てた模様。それも、思い出せる役です。あの、民間船で死んじゃった彼。ああ〜〜!!ですよ。チョイ役だけど印象的でしたよ。やっぱすごい役者さんっぽいですね。今後に注目です(「アメリカン・アニマルズ」見逃しちゃったなあ)。

こわい要素、あとはベタベタに音楽。っていうか音。これもだいぶ悪趣味。ヨルゴス・ランティモス監督は室内楽のような落ち着いた劇伴が多い印象でしたが今回のはゴリッゴリにホラーな劇伴。やめてくれ〜〜って感じでした。本作、本人的にはコメディのつもりで作ったらしいので、この音もギャグなのかも。いやひとつも笑えませんて。辛うじて笑えたの、秘密言い合いっこ(出し損)と陰毛のくだりぐらいだわ。全て下ネタ。

といった具合に、これに考察も加えたら本当いくらでも書けてしまうような(考察できる脳味噌がなくてよかった)、そうか要は面白かったんだなあ、面白い…? うん、まあ面白い作品、です。と言いつつ、おすすめできない度はヨルゴス・ランティモス随一かも。心臓の弱い方は用心してください。

さて、ここでちょっと久々に「女王陛下のお気に入り」を観直してみようかなと思っております。BD買うだけ買って、特典映像しか観てませんでした。劇場鑑賞時には得られなかった感想が出てくることを期待しています。

(2019年67本目)

2019年7月現在、PrimeVideoでは400円の有料レンタルです。