353log

主に映画の感想文を書いています

是枝裕和監督作品「歩いても 歩いても(2008)」雑感|希林さんのおかげで俄然明るくなった是枝作品

f:id:threefivethree:20200930233335p:plain

是枝裕和監督の作品履修を『誰も知らない(2004)』から再開したはいいものの、早速その次の『花よりもなほ(2006)』が一切配信されていないという壁にぶち当たりました(笑) 配信時代のこのもどかしさはなんとも言いがたい。そんなわけでいきなり飛ばして、2008年の歩いても 歩いてもを鑑賞です。

出演は樹木希林原田芳雄阿部寛夏川結衣、YOUほか。希林さんは本作が是枝作品初出演でしょうか。『歩いても 歩いても』というタイトルは、劇中にも登場する『ブルー・ライト・ヨコハマ』の歌詞から取られています。

さて、ここまで基本的に「かなり暗い」印象の強かった是枝映画ですが、本作は一転して比較的明るい、風通しのいいホームドラマとなりました。気乗りのしない里帰り、父と息子のヒリついた関係性、嫁の気苦労。どこかで見たような、と思ったらこれそのまんま『真実(2019)』じゃないですか。是枝作品のライトサイド(要素は暗いけど)の系譜ですね。

この「明るさ」を出しているのは間違いなく樹木希林さんの存在でしょう。もともと作り込まれた会話劇的な脚本ではあると思われますが、もはや希林さんを中心とした役者たちのアンサンブルを楽しむのみ!の映画に仕上がっております。生け花を見て「お義母さん、何流なんでしたっけ」「自己流よお」なんて超絶どうでもいい会話だけで可笑しい。やっぱりわたしは台詞の多い映画が好きだなあと。

f:id:threefivethree:20200930234916p:plain

監督の著書『映画を撮りながら考えたこと』によれば、本作の撮影にあたり成瀬巳喜男作品を参考にしたとのことですが、高台から望む海沿いの町と鉄道、というロケーションはむしろ小津監督の『東京物語(1953)』や大林映画における尾道のような印象を受けました。是枝監督はあまり言及しないものの尾道巡礼をする程度には大林作品にハマっていた若き頃があったようで(大林監督の著書『キネマの玉手箱』あとがきより)、劇中のああいった風景はそのへんにルーツがあってくれたらいいな、などと思っている2世代目大林チルドレンです。

(2020年167本目/PrimeVideo)

歩いても 歩いても

歩いても 歩いても

  • 発売日: 2016/05/01
  • メディア: Prime Video
歩いても 歩いても [Blu-ray]

歩いても 歩いても [Blu-ray]

  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: Blu-ray
ちなみに、めちゃくちゃ美味しそうなトウモロコシのかき揚げは是枝監督の大好物だそうですよ。あと、わたしの一番好きな台詞は「シャガールになっちゃったからね!」です。夏川結衣さん、とてもよい助演でした。

是枝裕和監督作品「誰も知らない(2004)」雑感|こんなのきっと気付かない

f:id:threefivethree:20200930193512p:plain

幻の光(1995)』『ワンダフルライフ(1999)』『DISTANCE(2001)』と順番に観てきたところで一年近く途切れてしまっていた是枝裕和監督の作品履修を再開。まずは2004年の『誰も知らない』から。

実際に起きた育児放棄の事件をモチーフとしたオリジナル脚本の本作、その構想は是枝監督の商業映画デビュー以前に遡り、本当はこの作品をキャリア1作目にしたかったのだとか。「社会的に見たら完全アウトな状況なのに、ほのかに温かく楽しい」という序盤の構図はのちの『万引き家族(2018)』とも非常に近い世界の物語と言えますし、監督の根っこ的なものがこのへんにあるのでしょう。本作がデビュー作となった柳楽優弥はなんとカンヌで最優秀主演男優賞を獲得(タランティーノのお墨付き)。是枝監督の名を世界に広める大きなきっかけとなった作品、のようです。

映画は、母親と少年がアパートに越してきたところから始まります。母子揃ってご近所にご挨拶。何か起こるのはまだ先の話なのかしら、と思っているとどっこい仰天の「荷ほどき」。こ、こんな淡々と素朴なタッチのくせしておぞましいくらいあり得ないことが起きている……。とはいえ前述したようにしばらくは温かく楽しそうな生活が送られていくため、明らかにアウトな何かを見てしまったけれど「ま、まあいいか」と一旦流して傍観。しかし、そのうちやっぱり見過ごせないくらい大変なことになってしまい、最終的には取り返しのつかない結果を迎えることに(中身のなさすぎるあらすじ)。

何も起こらないような映画のふりして何見せてくれてんのよ、という感じの「静かに壮絶な映画」なので、未見の方の衝撃を奪わないようここでは明記を避けますが、観終わってからもう一度冒頭を観直したとき、たいそうショックを受けました。身近でこんなことが起こっていても、きっと気付かないのだろうと思います。そしてやはり是枝作品は、うわあとなってしまって感想が書けません。

(2020年166本目/PrimeVideo)

誰も知らない

誰も知らない

  • 発売日: 2016/05/01
  • メディア: Prime Video
誰も知らない [Blu-ray]

誰も知らない [Blu-ray]

  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: Blu-ray