353log

主に映画の感想文を書いています

「四月物語(1998)」雑感

f:id:threefivethree:20200127220740p:plain

岩井俊二週間、続いてます。今回は1998年公開、松たか子主演の『四月物語』を観ました。約1時間の小品なので観やすい!

あらすじ

大学進学を機に北海道から上京した楡野卯月(にれの うづき/松たか子は、ぎこちない新生活を送っていた。彼女は強い意志を持ってこの大学に入ったはずなのだが、現状ただのパッとしない新入生である。そんなある日、突然の雨が卯月を後押しする。

雑感

松たか子演じる主人公が、松本幸四郎はじめ実際の松本家御一行様に見送られて上京するという不思議なシーンから始まる本作(笑) 到着したての東京で、まるで異常気象のように振り続ける「桜」がとても印象的です。今日は桜が強く降るでしょう、そんな感じの、ほんの少しファンタジーな世界観。新生活への溢れる期待にも見えます。

f:id:threefivethree:20200127223011p:plain

しかしこのあとは物語、早くも停滞。部屋に荷物を入れ、入学式に自己紹介、新しい友達とよくわからないサークル、まだ到底ホームタウンにはなっていない街。全てがパッとしなくて、映画としてもかなり「退屈」な時間。

短尺作品なのにこんな時間の使い方をしていいのかい。とすっかりあくびを連発するようになってしまった頃、ちょっと輝く。そしてまたさらに輝く。そこまでの退屈さは全て飛んでしまう。なるほど!!

これは「新生活に描く理想がちょっと叶った時のときめき」を見事に映像化した作品だったのだと思いました。初めて実家を出て、自分だけの街で一人暮らしを始めて、ご近所付き合いをしてみたいなとか、行きつけの店や場所を作ってみたいなとか、そういう気持ちってすごく覚えがあります。

必ずしも理想通りにいくわけではないけれど、たまに「思い描いていたとおり」のことが叶ったりして。行きつけにしてみたいと思っていた喫茶店でマスターが話しかけてくれて会話が弾んでしまった、とか。そういう時って「四月的」なときめき、あるよなあと。

本作の場合はそこに恋愛要素が絡んでいたりだとか、さすがにカレーは食べてくれないと思うよとか、ちょっと盛ったようなところもありますが。でも、冒頭の降りしきる桜へのアンサーみたいな感じでよかったです。

あと特筆すべきは突然の回想シーン、草原の松たか子

f:id:threefivethree:20200127220536p:plain

このシーンのためだけにでも観る価値あると思いますね。フェチい、フェチいぞ。

冒頭に貼った傘のシーンも、雨粒をスローモーションにするセンスと、パートカラーのようにも見える赤い傘がとても印象的で美しいシーンです。やはりこういう力技の「名シーン」があざとく組み込まれてくるところ、これが岩井節なんでしょうか…。あんな退屈だったのに、いい映画だったなって思っちゃう。

というわけで、きっと誰しも何かしらのかたちで経験したことがあるであろう新生活での失意とときめきをコンパクトに封じ込めた作品でした。『四月物語』っていうタイトルも好き。

(2020年15本目/PrimeVideo[日本映画NET])

四月物語

四月物語

  • 発売日: 2014/06/20
  • メディア: Prime Video
四月物語 [DVD]

四月物語 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • 発売日: 1999/03/17
  • メディア: DVD

ドラマ版「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(1995)」雑感

f:id:threefivethree:20200126124531j:plain

岩井俊二週間、あの有名タイトル『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観ました。2017年公開のアニメ版ではなくオリジナルのドラマ版です。出演は奥菜恵、ほか。

あらすじ

その日は典道と祐介、なずなの三人がプール掃除当番だった。男子二人はなずなのことが好きだ。当のなずなは、きっとおかまいなしだろう。

掃除をさぼって泳ぎだした典道と祐介。たわいもないものを賭けて競争するが、勝者には思いがけない賞が待っていた。「花火大会、二人で行こうよ」。声の主はそう、なずなだ。

もしあの時「あいつ」ではなく「おれ」が勝っていたら。ある学期末の、「if」の物語。

ドラマ版の概要

今回観たのは、1993年放送のテレビドラマ版を再編集した1995年公開の劇場版です。2017年のアニメ版公開時、すごく話題に上がっていた作品ですね。あまりテレビを見ない家だったのでわたしはあのタイミングまでこのタイトルを知らなかったのですが、いくら名作といってもさすがに90年代のドラマまでは遡って観れんなあと、まあ結局アニメ版も観ずじまいでした(あまりいい評判を聞かなかったからというのもある)。

しかし! あの時なぜ誰も教えてくれなかったのか! そのドラマ、単発ものだぞ! 1クールじゃないぞ! しかも劇場版があって、しかもしかもたったの50分だぞ! 容易に観れるぞ! 今更、声を大にして言っておきたいです。あの頃知りたかった。

どういう単発ものかというと、『If もしも』っていうオムニバスのテレビドラマ企画があって(『世にも奇妙な物語』的な)、その中の一作なんですね。これ、何も知らずにWikipedia見たら結構感動すると思うので、『If もしも』をよく知らない方はまずこちら「サブタイトル・各回出演者」の項目をどうぞ。

へーーーー!!でした。 『緊急事態!飛行機で行くか?新幹線で行くか?』『もう一度生まれ変わるとすれば25歳か18歳か』、要は「その構文」で付けられたタイトルであるところの『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だったんですね。

同じくWikipediaによれば初稿では『少年たちは花火を横から見たかった』というタイトルだったのが、構文に沿わせるかたちで修正されて今のものになったそう。結果論ではありますが、このキャッチーなタイトルでなければここまで残らなかった気もします。

雑感

というわけで感想。50分で完全にノックアウトです。なずなを演じる奥菜恵(当時14歳!!)が、んもう、破壊力やばい。でら、なまら、可愛い。それに尽きる作品じゃないですかね。以上!!って感じです。

当時の男子たちはきっと全員「奥菜恵にプールサイドで水かけられる夢」を見たのでしょう。人生狂わされた人も万単位でいるはず。よかったー、多感な時にこれ摂取しなくてよかったー。軟体動物になってたかもしれない。

最後プール入っちゃうとことかも、思わず叫びましたよ。なんてことをするんだと。狂ってると。性癖が過ぎると。ありがたいことです、本当に。

またよくばりなことに、たった一日を描いた物語なのに50分間で3回も奥菜恵さんのお色直しがあるんですよ本作。学校で着てる服(かわいい)、花火大会のために着た浴衣(かわいくないはずがない)、そして予想外の3着目(ちょっとバブリー)。「劇中ずっと1パターンの衣装で通すタイプの映画が好き」なんて話を『屍人荘の殺人(2019)』あたりでしましたけどね、これはこれで好きですよ、大歓迎ですよ、ええ。

そんな感じで、とても殺傷力の高い、危険で有害な作品でした。人は50分でここまで骨抜きになってしまうのか。まんじゅうこわい。おすすめしないです。

(2020年14本目/PrimeVideo[日本映画NET])

PrimeVideoの課金チャンネル「日本映画NET」で観ました。無料期間中にいろいろ他のも観たい。アニメ版も観ておきたいし(90分尺らしいのでそこまで悲惨なことにはならない気がしているのだけど…。悪くとも広瀬すずの声は聴ける)。野暮なことを言うとこの奥菜恵、今なら土屋太鳳あたりが雰囲気近いかなと思います。

ああそういえば、スーツケースをずるずる引きずってくるなずなを見て『続・荒野の用心棒(1966)』を連想してしまったのはわたしだけですかね。 f:id:threefivethree:20200126141153j:plain ひどい呪いでしょう。申し訳ない。