353log

主に映画の感想文を書いています

映画「インテリア(1978)」雑感

f:id:threefivethree:20200405135257p:plain

ウディ・アレン監督の映画『インテリア』を観ました。U-NEXTの作品ページには「W・アレンが敬愛するイングマール・ベルイマンにオマージュを捧げ、その世界観を再現。」とあります。そんなわけで、初ベルイマンをキメた直後に観てみたのでした。

本作は代表作『アニー・ホール(1977)』の翌年に発表され、同じくダイアン・キートンも出演していますが、全く違うテイストの作品で興味深かったです。

あらすじ

父が母に別居を切り出した。威厳を保ちながら戸惑いを隠せない母と、板挟みになる三人の娘たち。母はインテリアコーディネーターとして地位を築き、父以上に一家の長であった。しかしその完璧な人生が崩れていく。

雑感

こんなにヒリヒリした映画も撮れるのかウディ・アレン、と驚きでした。氏の作品は好きでそこそこ観ていますが、明るくはなくともシニカルな笑いのある作品がほとんどだと思います。本作ではそういった要素すら削ぎ落とされ、まあだいぶ暗いアート作に仕上がっていました。

しかし、ベルイマンのオマージュだと言われれば「あらお上手!」って感じの感想に切り替えることもできます(笑) なんてことを言えるのも前述の通り、この直前に初めてのベルイマン鑑賞をしたから。

とりあえず、で選んだ『叫びとささやき(1973)』でしたが、本作を楽しむ上ではこの一本だけでもかなり「わかった気」になれました。ウディ・アレンが特に『叫びとささやき』を意識したのか、それとも未見のその他ベルイマン作品も共通してこんな感じなのか、なんにせよ初ベルイマンとしては良い選択だったみたいです。

『叫びとささやき』との共通点
超にわか視点で、ベルイマン『叫びとささやき』との共通点を挙げてみると、まずは分かりやすく「三姉妹」。それぞれに全く違う性格付けとビジュアルの三姉妹がなんともヒリッとした空気感の中にいる感じは、まさにそれ。

f:id:threefivethree:20200405135227p:plain

とても美しい存在として回想される若き日の母親だったり、「お気に入り」になれなかったコンプレックスなども共通しています。『叫びとささやき』に出てくる男たちは揃いも揃ってしょうもない男だらけの印象がありますが、そこも同じく。ウディ・アレン投影型キャラクターは今回はいないかな?(思考的には長女=ダイアン・キートンの旦那が近いかも)

母が設計し尽くした無印良品的インテリアと、そこに流れる無音の時間(窓の外は海が波打っているのに室内は静寂、というコントラストが印象的)。色味は違えど、一見してオマージュを感じられる美術・演出が各所に。

露骨に『叫びとささやき』なのはラスト、次女が「綺麗な想い出」を日記に綴るというシーン。本作で死ぬのは次女ではなく母ですが、日記を書くのが次女なのは同じだし、ペンも万年筆(ベルイマン側はインクをつけるタイプのペン)、そこまでのヒリつきはなんだったのと拍子抜けするような美しさ、それで終わるの?!という感じのフェードアウト、ついでに言えばその前に長女と次女が一瞬心を通わせているようなシーン等々、ここにきて諸々あからさまで、もはやギャグなオマージュっぷりでした。

ダイアン・キートン、好き。
久しぶりに見たダイアン・キートンはやっぱり好き。格好いいし、可愛くもある。よく見ると変な髪型なのに、それもなんかいい。最近とある映画でうわ〜(よくない意味)と思った予告があって、その最後に「主演:ダイアン・キートン」と出ていたものだから余計にうわ〜〜となってしまいました。あれはなるべく観たくないな…。

f:id:threefivethree:20200405135538p:plain

次女を演じるメアリー・ベス・ハートさんも、内巻きボブとオシャレ瓶底眼鏡が今に通用する可愛さで好き。口論シーンではございますがこの、ワンピースのポケットに両手突っ込む感じも可愛い。お話が暗いぶん、ファッションくらいは楽しめる映画です。

ウディ・アレン作品としておすすめするには異色ですが、ベルイマンオマージュ映画として『叫びとささやき』からの本作、みたいなハシゴをすると結構楽しめると思います。どちらもU-NEXTで観れます。

(2020年53本目/U-NEXT)

インテリア [DVD]

インテリア [DVD]

  • 発売日: 2012/11/16
  • メディア: DVD

映画「叫びとささやき(1973)」雑感

f:id:threefivethree:20200405090654p:plain

ベルイマンを初めて観ました。ウディ・アレンの映画にしょっちゅう名前が出てくるイングマール・ベルイマン。多くの映画人に影響を与えた偉大な監督のようですが、『ミッドサマー(2019)』のアリ・アスター監督もスタッフに本作を見せてから撮影に入ったとか。そんな映画『叫びとささやき』の感想です。

なお初見の場合、後半のネタバレは知らないほうがいいと思いましたので一応ぼかしてあります。

あらすじ

病で苦しむ次女を看取るため生家に滞在している長女・三女と使用人、計四人に渦巻く愛憎の物語。

雑感

ああ久しぶりに難しい映画を観た…と思いました。そういえば最近ご無沙汰でした。とはいえ主な登場人物の関係性と状況が最初からわかっていれば難しくもない話なので、そこだけあらすじに書きました。

有名な『バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)』の冒頭を連想するような「時計」のオープニング。時折鳴るチーンというベルの音が、終盤ではまるで仏壇の鐘のようにも聞こえてきます。冷たく静まり返った屋敷の空気感を全編通して演出する、本作の重要アイテムです。

そして真っ赤な部屋が登場。アートだ!めっちゃアートだ!(久々のアート映画に興奮) 真っ赤な壁に真っ白な服、という明らかに設計し尽くされたコントラストが強烈です。こういう映画はもうこれだけで「いい」んだよなあ…とも思っちゃう。シーンが切り替わる際の、ブラックアウトならぬレッドアウトも面白い。

ほどなくして、おそらくは次女であろう顔色の悪い女性がやや辛そうに起床。窓から外を見るわけですが、ここ! アリ・アスター監督ファンは必見!

f:id:threefivethree:20200405090939p:plain

窓枠越しのこの感じ、『ヘレディタリー/継承(2018)』でも『ミッドサマー』でも冒頭部にあったカットそのものだと思います。これ好きなんだろうな、オープニングには窓枠越しの風景を入れたいんだろうなとニヤけてしまうファーストポイントです。

さらに直後、ドールハウスまで登場します。

f:id:threefivethree:20200405091325p:plain

『ヘレディタリー』でも冒頭部から印象的に登場するドールハウス。本作では『ヘレディタリー』ほど強い意味合いはなさそうに(少なくとも初見では)感じますが、こちらもやはり映画のオープニングとしてアリ・アスター監督のなかに鮮烈に残っていたんだろうなという気がします。

さて、時間が経過していくにつれ次女の病状は悪化。初登場時からなんとも辛そうな演技が胸に刺さってくるハリエット・アンデルセンさんでしたが、以降も名演というか、本当に死んでしまうのではないかという痛ましい演技が続きます。これはもうだめだろ…と思っていると病状が落ち着き、むしろ死なせてあげてくれといたたまれない気持ちに。でも、いざ息を引き取るときはあっさりと。

彼女の死は物語中盤。中心人物不在となった後半からが愛憎劇の本番です。そこまでもなかなか衝撃的なシーンを不意打ちで見せられていたものの、それらを一気に超越した衝撃がここで登場。まさかそんな展開をするとは。そんでもって姉妹たちの反応も、切ないけど分かるな…。それとこれとは話が別よ、って感じ。

だいぶビターな幕引きとなったところで、エピローグ的に強烈な美しさのシーンが挿入されます。「叫びもささやきも かくして沈黙に帰した」。いやーーこれ。どっちの記憶が最後なんだろ。後味よくねえな! チーン、じゃねえよ!

そんなわけで、いつかは観なきゃなと思っていたベルイマン、よくウディ・アレンが言っている『野いちご(1957)』は配信がなかったので本作を選びましたが、初めてのベルイマンがこれでよかったのかな???と心配になってしまうほど衝撃的な作品でした(笑) 理解はできてないと思うけど、記憶には残りました。

(2020年52本目/U-NEXT)

叫びとささやき

叫びとささやき

  • メディア: Prime Video
U-NEXTのサムネイル、すごいシーン切り取ってんな。なお本作はPrimeVideoでも課金なしで観れます。