353log

主に映画の感想文を書いています

大林宣彦監督作品「転校生(1982)」感想|やっと観れたオリジナル版は、ちっとも古びていなかった。

映画「転校生」より

1年ほど前、訃報をきっかけにのめり込んだ大林宣彦監督の世界。1作目『HOUSE/ハウス(1977)』から観ていこうとするなかで、配信全盛の今まずぶち当たるのは超代表作『転校生』が配信されていないということなんですよね。

レンタル屋は近所から消えたし、DVDを買ってもいいけど新装版が出そうだからちょっと躊躇しちゃうし(結局出てない)、どうせなら満を持して観たいし。そんな理由からずっと未見のままだった本作。その間にずぶずぶと沼に沈み、数えてみると自主映画時代の短編含めて45本もの大林作品を観ていました。

一周回ってもはや観るタイミングを失いかけた頃、WOWOWで放送があることを知ります。画質的な意味でもこれは観るなら今だなと、契約を再開し録画。ようやく時が来ました。世界広しといえども、『転校生』以前に45本も大林作品を履修しているなんていう人そうそういないのではと自負しています。

◎動画配信サービスで観れる大林作品をまとめています。配信のある『転校生-さよなら あなた-(2007)』はセルフリメイク版なので要注意!

◎これまで観た大林作品の感想カテゴリ[大林宣彦]にあります。

リメイクからのオリジナル

セルフリメイク版である『転校生-さよなら あなた-(2007)』を先に観ていましたので、そことの比較という感想がまず生じます。

転校生 -さよなら あなた-

転校生 -さよなら あなた-

  • 発売日: 2015/09/21
  • メディア: Prime Video
セルフリメイク版はこちら。蓮佛美沙子さんと森田直幸さん主演です。

最初に驚いたのは白黒なこと。まあこの時期の大林作品はモノトーンからカラーになるパターンが多いのでそのうち色づくだろうと思いつつ、タイトルクレジットで青緑の文字が出てきたときは妙に感動してしまいました。電車が通り過ぎる間にカラーになるのも「映画!」って感じで素晴らしい。次作『時をかける少女(1983)』がまさにそれですが『オズの魔法使(1939)』的な映画手法がわたしはとても好きなようです。

前半のテイストが思いのほかリメイク版と同じことにも驚きました。キャスト違いの再演、ってくらいにしか変わらない。むしろこれを2007年に再現したリメイク版はすごいですね。また、リメイク版を観たときに感じた「入れ替わり後の一美(肉体は一夫)」への違和感も全く同じだったので役者本人の技量ではなく意図的な演出なんだなあと。

監督の演出がよくないのか役者本人の技量や解釈の問題なのかがわからないのでなんとも言えないところなのであえてキャラクターに対する不満点を述べますけども。一美ちゃん、入れ替わってもそうはならないだろという違和感がかなりありました。入れ替わる前の一美はもうのっけから強烈に飛ばしまくりの男勝りなキャラじゃないですか。それが、入れ替わったら妙にしゃなりしゃなりとステレオタイプな女の子像になっちゃうわけです。大林宣彦監督作品「転校生-さよなら あなた-(2007)」雑感 - 353log

そんな「初代一夫」を作り上げた尾美としのりさんもすごいですが、本作やはりすっげえなと唸らされたのは「初代一美」小林聡美さん。階段を転げ落ちた直後から、本当に入れ替わっているようにしか見えない……!!

じつは全く古びていない内容

リメイク版には無い、一夫の心が入った斉藤一美の身体(小林聡美さん)が上半身を露わにするシーン。これがすごくて、端的に言って全くエロくない。色気を感じさせない。それこそ男子の上半身として見えてしまう。海水浴のシーンで恥ずかしそうに上半身を隠す尾美さんの「一美」のほうがよほど「トップレス」に見える。かと思えば元に戻ったラストシーン、ワンピースで佇む一美はこの上なく華奢で色っぽい。「男らしさ」「女らしさ」とされるものがいかに心と結びついたものであるかということが徐々に見えてきます。

表層的に見ると「お下品」な面も多い作品ですが、じつはかなりジェンダーについて様々な提起をしているのですね。後半をより「大林宣彦的エモーショナル」な展開に改変してあるリメイク版に比べて、それは強く感じました。「異性」を「体験」して、彼ら彼女らが日常かけられている言葉や扱いをダイレクトに受けることによる気付きと価値観のアップデート。2020年代に観ても全く古くないです。

一美と一夫の場合はそれぞれ元どおりになることが好ましかったようですが、他者を知り自分を見つめ直す経験を経て、おしゃれをすることのよろこび、立ちションができることのよろこび(立ちションで泣かせる映画もそうない)など、自分のアイデンティティを再確認できたのもよかったと思います。想像していたより深いオリジナル版でした。そろそろ配信解禁してください。

(2021年65本目/WOWOW

転校生 [DVD]

転校生 [DVD]

  • 発売日: 2001/04/21
  • メディア: DVD
池袋の新文芸坐さんで4/24(土)に『転校生』の上映&大林恭子さんのトークショーが予定されています。現時点まだ席ありますので、お近くの方はぜひ!

映画「21ブリッジ(2019)」感想|求めていた橋は供給されなかった

映画「21ブリッジ」ポスター現在公開中の映画『21ブリッジ』を観てきました。昨年早世したチャドウィック・ボーズマンの、劇場映画としては遺作になるんでしょうか。

犯人を捕まえるためマンハッタン島に架かる21の橋を全て封鎖する!という掴みが最高にキャッチーで、ニューヨークの橋好きとして*1かなり期待値を上げていた本作。仮にお話が凡庸だったとしても「橋要素」だけで人の数倍は楽しめるじゃろと踏んでいました。

が、結論。橋要素、全然ないでやんの。

あのー、決してチャドウィック・ボーズマンの遺作を悪く言いたいわけではないが、これタイトル詐欺ではないか? 『21ブリッジ』なんてタイトルにする必要があったのか? 橋がモブだったのだが? ※ここから先すみません、橋過激派として文句を垂れます。ネタバレもしてます。*2

とりあえず冒頭、マンハッタンの空撮でニューヨークに恋い焦がれた直後、あまりの治安に戦慄。え、めっちゃ人死ぬやん。こんなバイオレンスなガンアクション映画だったんかい。まあそれはそれでいいけど。音響も妙にいいし。腹にズドンとくるし。

さて、ブルックリン橋をマンハッタン側に渡っていく強盗たちが映し出され、いよいよ舞台はマンハッタンへ。そしてチャドウィック・ボーズマンが「マンハッタン完全封鎖」を発案。よしきた! しかし深夜1時台から早朝5時までとの時間制限がつく。ってことはほぼ夜か。暗いじゃん。橋よく見えないじゃん。ごまかす気満々じゃん。早くも嫌な予感がしてきた。

案の定、橋たちのディテールはほぼ描かれることなく、むしろ「21ブリッジ」案件自体ここでフェードアウト。おいおいおい。ちょっとちょっとちょっと。犯人のプロフィールとかどうでもいいから橋×21のプロフィールを見せてよ。橋を!!見せなさいよ!!(扉を叩きながら号泣)

そうこうしている間に犯人は死ぬし陰謀が暴かれるし逃走犯たったひとりにNYPD苦戦しすぎだしJ・K・シモンズはやっぱり悪い奴だったし辞世のパスワードよくそんなんで伝わったなって感じだしであたしの橋は……あたしの橋はどうしたのよ……とコーラの残りをすすりながら無心でエンドロール眺めていました。冷凍肉ぶら下がりまくりのシーンはよかったです。

違うタイトルで出会えていたら、あたしたちうまくいったかもしれないね。

(2021年64本目/劇場鑑賞) 今年の映画館30本目。

ニューヨークの橋を供給されたいあなたへ

求めていたものが供給されなかったあなたへ。わたしが昨年夢中になったハードコア橋映画『マザーレス・ブルックリン』をおすすめしておきます。

マザーレス・ブルックリン(字幕版)

マザーレス・ブルックリン(字幕版)

  • 発売日: 2020/05/13
  • メディア: Prime Video

*1:「ニューヨーク 橋」とかで検索かけていただければわたしの橋好きっぷりがうかがえると思います。

*2:ちなみに原題も『21 Bridges』なので邦題のせいではありません。