353log

主に映画の感想文を書いています

2010年代の作品

韓国映画「はちどり(2018)」雑感&キム・ボラ監督リモート舞台挨拶のうろ覚えレポート

韓国映画『はちどり』を観ました。韓国では2019年に一般公開され、同年公開のポン・ジュノ監督作『パラサイト 半地下の家族』に次ぐ2019年の代表作として大ヒットしたのだそうです。キム・ボラ監督の長編デビュー作である本作は、世界中の映画祭で賞を獲り、…

待望の劇場公開新作「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019)」はしゃいだ雑感

珍しくノミネート作の多くが日本公開済だった今年のアカデミー賞。しかし新型コロナウイルスの影響により不運にも未公開側にほぼ唯一取り残されるかたちとなってしまったのが本作です。3月27日公開予定改め6月12日公開『ストーリー・オブ・マイライフ/わた…

Netflixドキュメンタリー「13th -憲法修正第13条-(2016)」雑感

Netflixで配信されているドキュメンタリー『13th -憲法修正第13条-』を観ました。2016年公開の作品ですが、Black Lives Matter運動の活発化により再び注目されているようです。 アメリカはその人口に対して受刑者数が異常に多い、という統計から始まる本作。…

ロバート・ゼメキス監督作品「マーウェン(2018)」雑感

PrimeVideoの会員特典に、公開当時気になりつつ観れなかった『マーウェン』が入っていたので鑑賞しました。監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985〜)』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)』のロバート・ゼメキス。高まる期待! なの…

大林宣彦監督作品「花筐/HANAGATAMI(2017)」原作も読んでの雑感

大林作品集中履修、ついに劇場公開済の最新作まで辿り着きました。2017年作品『花筐/HANAGATAMI』。出演は窪塚俊介、矢作穂香、常盤貴子、満島真之介、長塚圭史、山崎紘菜、門脇麦、村田雄浩、柄本時生ほか、といった相変わらずの豪華キャストでございます。…

大林宣彦監督作品「野のなななのか(2014)」熱烈雑感とキャラ語り

大林作品集中履修、ひとまずのゴールがだいぶ近付いてきました。今回は2014年公開の『野のなななのか』を鑑賞。『青春デンデケデケデケ(1992)』に次いで読みづらいタイトル「なななのか」とは、七×七日=四十九日のことだそうです。 この作品とても良くて…

大林宣彦監督作品「この空の花 長岡花火物語(2012)」雑感

そう遠からず公開日が再設定されるであろう『海辺の映画館 キネマの玉手箱』を万全の状態で受け止めるため、引き続き大林作品履修ノンストップでいきます。今回はついに2010年代の作品に突入! 『この空の花 長岡花火物語』鑑賞しました。これはやばい。 あ…

「ヘイル、シーザー!(2016)」雑感

コーエン兄弟監督の映画『ヘイル、シーザー!』を観ました。出演はジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、スカーレット・ヨハンソン、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018)』のオールデン・エアエンライク、ほか。 あらすじ 1950年代…

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015)」雑感

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を観ました。冷戦下の「赤狩り」で弾圧されながらも、正体を隠して『ローマの休日(1953)』などを書いた脚本家ダルトン・トランボの物語です。 監督は『スキャンダル(2019)』が記憶に新しいジェイ・ローチ、主演…

映画「ブリッジ・オブ・スパイ(2015)」東西ベルリンにおける主人公らの動きを整理/ついでに「プロジェクト・ブルーブック」の話

トム・ハンクス主演、スティーヴン・スピルバーグ監督の『ブリッジ・オブ・スパイ』を観ました。東西冷戦下のアメリカとソ連の間で実際におこなわれた捕虜スパイの交換を描いたノンフィクション作品です。 最近は池上彰さんの著書「そうだったのか!」シリー…

映画「マザーレス・ブルックリン」と、NY都市計画にまつわる書籍いくつか

今年のはじめに鑑賞し、これは暫定年間ベストだ!なんて言っていた映画『マザーレス・ブルックリン』。念願の映像ソフトがリリースされましたので購入、再鑑賞しました。この記事ではそのあらためての感想と、本作をきっかけに何冊か読んだニューヨーク都市…

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011)」雑感

イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーの伝記映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観ました。主演はメリル・ストリープ、監督は同じくメリル・ストリープ主演の『マンマ・ミーア!(2008)』を代表作とするフィリダ・ロイドさん、なんです…

吃音症経験者から見た、映画「英国王のスピーチ」

映画『英国王のスピーチ』を観ました。まだ観てなかったの?と思われても仕方ないくらいの有名タイトルですが、観ていなかったというよりも「観る勇気が出なかった」映画です。そんなお話をします。 あらすじ 英国王ジョージ6世(コリン・ファース)には幼い…

ポン・ジュノ監督の主要な8作品(長編+短編)を簡単に紹介

『パラサイト 半地下の家族』の大ヒットにより誰もが知るところとなったポン・ジュノ監督。この記事では、ポン・ジュノ監督の主要な8作品を公開順に軽く紹介していきます。 ほえる犬は噛まない(2000) ほえる犬は噛まない [DVD]発売日: 2014/06/27メディア:…

ポン・ジュノ監督作品「Okja/オクジャ(2017)」雑感

ポン・ジュノ監督の『Okja/オクジャ』を観ました。所謂「Netflix映画」ですがこの頃はまだマイノリティだったらしく、映画賞の受賞に際して物議をかもしたのだそうです。どのインタビューを読んでもその話ばかり振られていました。時代の流れは速いですね。 …

映画「岬の兄妹(2018)」ぐるぐる雑感

昨年、ライムスター宇多丸さんの周辺を大いに賑わせていた映画『岬の兄妹』。ポン・ジュノ監督の作品などで助監督をつとめていた片山慎三さんという監督の長編デビュー作で、宇多丸さんのシネマランキング2019ではTOP10内にランクイン。そのほかの機会にも度…

映画「ホテル・ムンバイ(2019)」雑感

先週のムービーウォッチメンが『ホテル・ムンバイ』だったので観ました。ライムスター宇多丸さんが劇場公開中の作品を評する人気コーナーですが、こんな状況のため先週の回からは取りこぼしの過去作品や配信限定作品を取り上げています。わたしも本作は取り…

こんな既視感は嫌だ|映画「コンテイジョン(2011)」雑感

状況が状況でございますので、まあパンデミック映画の一つも観てみようかという気にもなったりするわけです。そこで手始めに、近頃よくタイトルを聞く2011年の映画『コンテイジョン』を観てみました。初見です。 出演はマット・デイモン、グウィネス・パルト…

「見えない目撃者(2019)」雑感

吉岡里帆主演の映画『見えない目撃者』を観ました。出演は他に、高杉真宙、田口トモロヲ、大倉孝二など。盲目の吉岡里帆を中心に展開するサスペンス/スリラーといったところなんですが、どえらい面白く、どえらい怖かったです。 あらすじより下、ネタバレ含…

「シャザム!(2019)」雑感

『ハーレイ・クイン(略)』の公開前にDCエクステンデッド・ユニバースの未見作をもうちょい追っておこうということで、一昨前にあたる『シャザム!』観ました。これは公開当時うっかり行きそびれてしまった作品。行かなかったことを後悔してます。めちゃくち…

「スーサイド・スクワッド(2016)」雑感

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』を楽しみにしておきながら『スーサイド・スクワッド』は未見、という矛盾を解消すべく観ました。観ないまんまでも良かったかもしんない(という旨の感想です! お好きな方はお読みになられませぬよう)。 …

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018)」雑感

グザヴィエ・ドラン監督の新作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』を観ました。主演は『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズのキット・ハリントン。そう、何も知らないジョン・F・ドノヴァン。 あらすじ ジョン・F・ドノヴァンが死んだ。テレビドラマで人気絶…

映画「彼らは生きていた(2018)」雑感

『彼らは生きていた(原題:THEY SHALL NOT GROW OLD)』という映画を観てきました。つい最近『1917 命をかけた伝令(2019)』で描かれていた、第一次世界大戦の西部戦線。その「実際の記録映像」を用いたドキュメント映画です。 概要 第一次世界大戦中に西…

「ジュディ 虹の彼方に(2019)」雑感/ジュディ・ガーランドのおすすめ映画3選

ジュディ・ガーランドの伝記映画『ジュディ 虹の彼方に』。楽しみにしていた作品です。新型コロナウイルス感染拡大に伴う公開延期をすれすれで免れてくれたので初日に観ることができました。主演のレネー・ゼルウィガーがアカデミー賞で主演女優賞を獲ってい…

「チャーリーズ・エンジェル(2019)」雑感

予習までしていたのに、他のことで忙しくしていたらすっかり観るのが後回しに。しかも新型コロナウイルスのエンタメへの影響がこの一週間くらいで急激に…。映画館すら営業停止させられかねないので今週末はなるべく何本か観てきたいと思います。というわけで…

「スキャンダル(2019)」雑感

シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーという超豪華女優陣の競演で賞レースも沸かせた映画『スキャンダル』、観ました。 概要 アメリカ最大のニュース専門チャンネル「FOXニュース」内部で2016年に起きたセクハラ告発を描いた作品…

「ミッドサマー(2019)」雑感

アリ・アスター監督の最新作『ミッドサマー』、公開初日の真昼間から観てきました。夏至祭の話だしね。観終わっても明るいほうがきっとアガるよね。そう思っていた頃もありました。出演は、この先『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』や『ブ…

「24時間ずっとLOVE(2018)」雑感

タイトルのインパクトがすごい(笑) こちら2018年のアメリカ映画で、日本では劇場公開なし、現在Netflixにて独占配信されています。 おなじみ「アトロク」で文芸エロス特集というのをやっていまして、3本紹介されたうちNetflixですぐ観れるこの1本を観てみま…

「1917 命をかけた伝令(2019)」雑感

サム・メンデス監督最新作『1917 命をかけた伝令』観ました。先日発表された第92回アカデミー賞では『パラサイト 半地下の家族』と大いに競った作品で、「全編ワンカット」が謳い文句となっています。 あらすじ 1917年、第一次大戦下。空中偵察によりドイツ…

映画「ハスラーズ(2019)」雑感

今年の年間ベストに食い込むこと確定の作品が早くもまた…。ジェニファー・ロペスとコンスタンス・ウーのW主演、『ハスラーズ』を観ました。先にまずひとつ。予告とかで見る感じ、こういうイメージないですか? でも実際はこんな『オーシャンズ8』的な感じで…