353log

主に映画の感想文を書いています

2021年の鑑賞記録

映画「野球少女(2019)」感想|ベタなスポ根ではない。あとキャストが個人的に超アツい。

韓国ドラマ『梨泰院クラス』でトランスジェンダーのシェフ役としてブレイクしたイ・ジュヨンさんの主演新作映画『野球少女』を劇場鑑賞しました。 野球には(ていうかスポーツ全般)興味がないのですが、『梨泰院』ファンとして彼女の活躍は押さえておきたい…

映画「あのこは貴族(2021)」感想|異なる階層に生きる女性ふたりが東京の空の下で巡り合う物語

山内マリコさんの同名小説を原作とした映画『あのこは貴族』を観ました。門脇麦さん演じる良家の箱入り娘と、水原希子さん演じる地方出身の女。同じ東京に暮らしながら異なる「階層」で生きるふたりが、高良健吾さん演じる良家の子息を介して知り合うことと…

映画「麻薬王(2018)」感想|70年代、日本相手のヒロポン闇取引をソン・ガンホ主演で描いた作品

Netflixで配信されている韓国映画『麻薬王』を観ました。監督は『KCIA 南山の部長たち』のウ・ミンホ。出演はソン・ガンホ、ぺ・ドゥナほか。この映画は70年代韓国に実在した麻薬王(イ・ファンスンという人らしい)をモデルとしたフィクションです。いきな…

映画「インサイダーズ/内部者たち(2015)」感想|アルバトロス!じゃねえよ

劇中いちしょうもない台詞をサブタイトルにしました。「モヒートでモルディブ」とも迷ったけど、やっぱこっちだろうな。あの“接待ゴルフ”嫌すぎるでしょ。完全フィクションであることを祈る。というわけで『インサイダーズ/内部者たち』という韓国映画を観…

韓国ドラマ「秘密の森」シーズン2最終話までのネタバレ感想

ここ数日すっかり映画そっちのけで韓国ドラマ『秘密の森』を観ておりました。脳手術の後遺症で感情表現が乏しい敏腕検事ファン・シモク(チョ・スンウ)と現場主義の熱血女刑事ハン・ヨジン(ぺ・ドゥナ)が組織の垣根を超えてバディとなり不正や犯罪を暴い…

2021年2月に観た映画を振り返る〈感想記事の一覧〉

2月に観た映画やドラマを振り返ります。公開のタイミングで劇場鑑賞したものを新作、それ以外を旧作としています(今月はちょっと曖昧かも)。リンク先は感想記事、並びは鑑賞順です。先月分はこちら。 新作 天国にちがいない 花束みたいな恋をした 哀愁しん…

映画「DAU. ナターシャ(2020)」感想|エンタメ作品としては疑問あり。メイキングには興味あり。

これは無責任におすすめできません。今週末から劇場公開されているロシア映画『DAU. ナターシャ』を観ました。 「ムービーウォッチメン(fromアトロク)」の課題映画に選ばれたこともあって観ようと思っている方そこそこいらっしゃると思うのですが、だいぶ…

映画「カツベン!(2019)」感想|サイレント時代の映画興行と活動弁士を描いた素朴なコメディ

周防正行監督の映画『カツベン!』を観ました。 主演は成田凌さん。朝ドラ『おちょやん』で惚れちゃって、先日はまず『愛がなんだ(2019)』を観ましたけども。やっぱりいいですね成田凌さん。なんでも周防監督も「タイプだから」という理由でキャスティング…

映画「ソウルフル・ワールド(2020)」感想|大人のためのヒーリング映画

ようやくDisney+に加入したので、自己肯定感を上げてくれると評判のピクサーアニメ『ソウルフル・ワールド』を観た。いやはやこれは、完全に大人のためのヒーリング映画ですわね。プラネタリウムで上映してくれたら最高。 主人公はプロミュージシャンを夢見…

Disney+でミュージカル「ハミルトン」を観た

きみ絶対『ワンダヴィジョン』観たほうがいいと言われ、重い腰を上げてDisney+に入った。『ワンダヴィジョン』は確かにめちゃくちゃ面白くてMCUマジ裏切らねえなという気持ちなのだけどまだ未完結なので書かない。独り言モードなので今日はこんな文体。 Disn…

映画「あの頃。(2021)」感想|ハロプロのことよく知らんけど人生はすばらしいってことで

一応90年代後半からのハロプロ全盛期ど真ん中を生きた世代ではあるものの、所謂ハロヲタでは全くありません。体育祭で黄色5を踊ったりはしたけれど、その前の年はおニャン子だったしだからなんだって話です。 そんなハロプロリテラシー極めてゼロな状態で観…

映画「すばらしき世界(2021)」感想|勤労したくなる映画

西川美和監督の最新作『すばらしき世界』を観てきました。出演は役所広司、仲野大賀、長澤まさみ、ほか。 人生の大半を刑務所で過ごした中年男が13年ぶりの社会にどうにかこうにか馴染もうとする物語で、佐木隆三さんのノンフィクション小説『身分帳』を原作…

映画「ファーストラヴ(2021)」感想|#MeToo運動に通じる要素も。丁寧な意外性が続く心理サスペンス

島本理生さんの同名小説を原作とした映画『ファーストラヴ』を劇場鑑賞しました。 これがすごくよくて。コロナ禍で海外の新作が減っていることから日本映画の新作を普段より多く観ているここ最近ですが、日本映画もちゃんと観ないといけないなと反省しました…

音声ガイド付きで映画「音響ハウス」「ようこそ映画音響の世界へ」 を鑑賞 〜バリアフリー映画館シネマ・チュプキさんの取り組みについて〜

JR田端駅近くのバリアフリー映画館シネマ・チュプキ・タバタさんにて、『音響ハウス』と『ようこそ映画音響の世界へ』のドキュメンタリー映画2本を音声ガイド付きで観てきました。 先日『愛がなんだ』を観た際に映画のバリアフリー化に興味を持ち、シネマ・…

バリアフリー映画館“シネマ・チュプキ・タバタ”のご紹介(取り急ぎ)

JR田端駅近くのバリアフリー映画館シネマ・チュプキ・タバタさんにて、『音響ハウス(2020)』と『ようこそ映画音響の世界へ(2019)』のドキュメンタリー映画2本を音声ガイド付きで観てきました。 先日『愛がなんだ(2019)』を観た際に映画のバリアフリー…

ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」2021年版(明日海りお×千葉雄大)観劇レポート

東京国際フォーラム ホールCにて「ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』」を観てきました(2021.02.13ソワレ)。 物心ついた頃からの原作ファンでありながら2018年の宝塚初演時には観ることが叶わなかった本演目。非・宝塚での再演となる今回もチケットは取…

韓国ドラマ「秘密の森」シーズン1エピソード10までの感想(ネタバレ控えめ)

Netflixで配信されている韓国ドラマ『秘密の森』を観ています。サスペンススリラーな刑事もので、出演はチョ・スンウ、ぺ・ドゥナほか。2017年にシーズン1、2020年にシーズン2がリリースされたようです。 『愛の不時着』などと同様に1シーズン16話(1話平均6…

Netflixドラマ「センス8」最終回まで観た感想&キャラ語り

このキービジュアルみたいな絵面が普通に本編のワンシーンであるところ(そしてこんなのが頻発するところ)もセンス8の不思議な魅力のひとつだと思う。 Netflixで配信中のドラマシリーズ『センス8(Sense8)』を観終えました。この作品は2015年から2018年に…

イラン映画「ジャスト6.5 闘いの証(2019)」感想|穴と犬と、ペルシア語の語感が最高

イラン映画(!)の『ジャスト6.5 闘いの証』を観てきました。本作は2019年の東京国際映画祭で最優秀監督賞ほかを受賞しており、この度正式に日本で配給されたかたちです。 掴みはかなり良かった! 特に序盤の2案件が最高だったのでさわりだけ書いておきまし…

映画「哀愁しんでれら(2021)」感想|シンデレラストーリーからどう転落するか、そこが見ものなトラウマ級の問題作

土屋太鳳さん主演の映画『哀愁しんでれら』を観てきました。大体のお話は、公式が謳う「裏おとぎ話サスペンス」というワードで察せるところでしょう。とりあえず、なかなかブッ飛んだ問題作がいま映画館にかかっている!とだけは言っておきたい。

映画「愛がなんだ(2019)」感想|成田凌のダメなところが愛おしい。ていうかみんな愛おしい。

今泉力哉監督の映画『愛がなんだ』を観ました。朝ドラ『おちょやん』で成田凌さんのひょうひょうとしたキャラクターと塩顔に惚れ込んでしまい、成田凌成分摂取してえ〜〜〜と思ったことが鑑賞動機その1。 その2は、ラジオ番組『アフター6ジャンクション』で2…

映画「殺されたミンジュ(2014)」感想|2時間たっぷり耳野郎&マ・ドンソク

キム・ギドク監督の『殺されたミンジュ』を観ました。本作のポイントはふたつ。まず、ドラマ『愛の不時着』ファンの人なら愛さずにはいられない「耳野郎」ことキム・ヨンミンさんが主演! それから「マブリー」ことマ・ドンソクさんも主演! もとは「耳野郎…

映画「花束みたいな恋をした(2021)」感想|「別れ話」までしっかり描いた恋愛物語

菅田将暉さん、有村架純さんW主演の映画『花束みたいな恋をした』を観てきました。ここから先ぐちゃぐちゃと書くので、先に結論。よかった。いい映画だった。いい恋だった。あなたに会えてよかった。「──これはきっと、私たちの物語。」わかる。わかる。おも…

映画「天国にちがいない(2019)」感想|小鳥をどかすシーンだけで永遠に見ていられる

アップリンク吉祥寺にて、映画『天国にちがいない』を観ました。デザイナーの大島依提亜さん(本作のパンフレットも担当)がTwitterでおすすめしているのを見て、これは観に行こうと思っていた作品です。 エリア・スレイマン監督『天国にちがいない』デザイ…

2021年1月に観た映画を振り返る〈感想記事の一覧〉

今年も毎月振り返っていきます。公開のタイミングで劇場鑑賞したものを新作、それ以外を旧作としています。リンク先は感想記事、並びは鑑賞順です。 新作 新感染半島 ファイナル・ステージ バクラウ 地図から消された村 分断の歴史 朝鮮半島100年の記憶 チャ…

映画「箪笥<たんす>(2003)」感想|性癖にぶっ刺さる、継母と少女のサスペンスホラー

韓国のサスペンスホラー映画『箪笥<たんす>』を観ました。別冊映画秘宝「韓国映画究極ガイド」内の韓国ホラー特集にてこの場面カット(↑)と共に紹介されており、これは好きそうと思っていた作品です。単純に「あ、可愛い」っていう、それだけの理由です。…

映画「哀しき獣(2010)」感想|牛骨バトルが夢に出そう

『チェイサー(2008)』『哭声/コクソン(2016)』のナ・ホンジン監督作品『哀しき獣』を観ました。ナ・ホンジン監督はこの3本しか長編を撮っていないので、一応コンプリートです。 主演はハ・ジョンウとキム・ユンソク。前作『チェイサー』の主演ふたりで…

映画「ミスミソウ(2018)」感想|白銀のB級スプラッタ

同名コミックを原作とした映画『ミスミソウ』を観ました。悪質ないじめの果てに家族をも失った女子中学生が復讐者と化していく物語です。ずっとマイリストの底に沈んではいたのですが、ふいにAmazonが「観ない?」と通知してきたのでじゃあ観ようかなと。 ミ…

映画「ザ・コール(2020)」感想|電話一本で未来は変わる。タイムパラドックス系スリラーの新たな名作!

Netflixで独占配信されている韓国映画『ザ・コール』を観ました。「20年前と電話が繋がっちゃった」というところから始まるタイムパラドックス系スリラーで、ちょっと感動しちゃうくらい面白かったです。超おすすめです。 主演はパク・シネさんとチョン・ジ…

映画「サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜(2020)」感想|ミュージシャンが難聴になるという、恐ろしく身に迫る話〈ドラマー視点レビュー付〉

Amazon Studios製作、PrimeVideoで配信中の映画『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』を観ました。難聴になってしまったミュージシャンが「聞こえないということ」と向き合う過程を描いた作品です。 本作を知ったきっかけは例によって『アトロ…