353log

主に映画の感想文を書いています

TOHOシネマズで「風の谷のナウシカ(1984)」を観た

f:id:threefivethree:20200629122225j:plain

新型コロナウイルスの影響ということになるのか、TOHOシネマズがジブリ作品のリバイバル上映を大規模開催。2020年6月末現在、ほぼ全館で『風の谷のナウシカ1984』『もののけ姫(1997)』『千と千尋の神隠し(2001)』『ゲド戦記(2006)』の4作品を観ることができます。

【訂正】これTOHOシネマズだけじゃないですね、全国のいろんな映画館で大体やってる感じですね失礼しました。しかもよくよく考えたらわたしTOHOシネマズで観てないですね(上げた画像で気付く。これはMOVIXだ)。狂ってんな! まあちょっと、いろいろ直すの面倒なのでそのままで……。

キャッチコピーは「一生に一度は、映画館でジブリを」。 確かに! ジブリ作品って意外と映画館では観ていない、そもそも生まれてない、物心ついてない、なんてことが多いですもんね。わたしもリアルタイムに映画館で観れたのは『おもひでぽろぽろ(1991)』と『風立ちぬ(2013)』だけだったりします(なんか極端)。

とはいえあまり行く気もなかったのですが、同じくリバイバル的に上映(正確には4Kリマスター版の新規上映)されていた『AKIRA(1988)』を観ている最中、これは……ジブリも行かなあかんな……という気持ちが湧いてきまして、まずは1986年生まれとして絶対に劇場鑑賞が叶わないはずの風の谷のナウシカから観てまいりました。考えてもみれば80年代の超名作アニメーションをスクリーンでハシゴできるこの贅沢……!

手抜き雑感

鑑賞直後のツイートに補足するスタイル、やります。ところで数日前から埋め込みの仕様変わってるみたいですね。字が大きくてあまりよろしくないですね。

マスクをしよう

ファーストインプレッションはこれでした。

いやこれほんと、今の時期に観ると多分そればっかり目に付きます。政府CMに使われてもおかしくないレベル。腐海に生きるもの同士シンパシーが生じる2020年鑑賞ver、ぜひお試しください。

最強ヒロイン

あらためて、ナウシカはほんっとうに魅力的。可愛くて、格好良くて、優しくて、強くて。仕えたい、命に代えて、死ぬまでお仕えしたい。キャラデザがいい、作画がいい、『AKIRA』の女性キャラを観た直後だとなおのこといい。

原作ほどじゃないけどクシャナも輝いてるし、男はユパ様で事足りてる。姫様に悪影響を及ぼしそうなあの少年は早急に排除せねばならない。製作側もそう思ったのか、人格の強いモブくらいの存在感に調整してくれててありがたかった(過激派)。

実写版クシャナ

初登場時からずっと脳内でこのキャスティングが決定していました。あ、椎名林檎さんです。ぞんざいな扱いを受けたいです。

すごく戦争映画だった

何度も観てるし原作漫画も一応読んでるし何を今更って感じなんですけど、こんなにずっと戦争してる映画だったのですね。そして巨神兵は抑止力だったのだなあとも。最近観たなかでは『ウォッチメン』のDr.マンハッタン的存在でもあるし、『AKIRA』のアキラ的存在でもある。抑止力づいている(抑止できたためしはないけど)(そういえば同年に公開された大林宣彦監督のアニメ映画『少年ケニヤ』ではそのものずばり核爆弾が……)。

巨神兵といえば、早い時点でかなり満たされてしまって、終盤に差し掛かってきた頃にはもはや「ここからさらに巨神兵出てくるんでしょ?? 豪華すぎない??」と戸惑うほどでした。骨までとろとろ巨神兵、好き。よくその状態で熱線出せるよな、っていう。身体の構造どうなってんの。

といった感じで、映画館でのナウシカ体験、いろいろ新しい受け取り方ができておもしろいと思うのでおすすめです(オープニングが『ミッドサマー』っぽいなとか)。『もののけ姫』以降も観るかどうかは、ちょっとまだ未定。

(2020年102本目/劇場鑑賞)

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

  • 発売日: 2010/07/14
  • メディア: エレクトロニクス
原作漫画はだいぶ前に一度読んだきりですがとにかく凄かったということだけ覚えております。映画の内容は確かほんの序盤なのです。で、クシャナが映画より断然魅力的なのです、たしか。