353log

主に映画の感想文を書いています/【ご注意】GOTs8ネタバレあります

MAMA(2013)

f:id:threefivethree:20190310184339j:plain 「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017)」のアンディ・ムスキエティ監督作品。…だったというのは観終わってから知りましたが。製作総指揮はみんな大好きギレルモ・デル・トロ

出演しているのはジェシカ・チャスティン、それから「ゲーム・オブ・スローンズ」でジェイミー・ラニスターを演じるニコライ・コスター=ワルドー。「デルトロとニコライのホラーがあるよ!」とおすすめされてホイホイ乗ってしまいました。そう、ホラーです。一応。

f:id:threefivethree:20190310190259j:plain
黒髪ジェシカ・チャスティンが新鮮

ざっくりいうと、成仏できてないどっかの母親の霊〝ママ〟に振り回される無関係な人たちのお話。母性の絡んだ物語なので、ただ怖いだけのホラーではなく少し切なさもある、ドラマ性のやや強い作品になっています。かつファンタジーやサスペンスの要素も感じられて結構盛りだくさんです。

本作の元になっているものとして、アンディ・ムスキエティ監督が製作した3分にも満たないショートフィルムがあります。こちらはYouTubeで観ることができます。

短い尺ながら、空気感や間取りなどが映画にそのまま継承されているのがわかります。でも長編映画版に関しては、総指揮とはいえデルトロさんもかなり製作に関わっている感があります。だって、すごいデルトロみあるもん。「パンズ・ラビリンス(2006)」的な余韻残るもん。トトロいるもん。

最後の展開はモヤッとしちゃったりもしますが、まあいいことにしましょう。お姉ちゃん推しだから。

f:id:threefivethree:20190310190358j:plain
奥が、マイ推しのお姉ちゃん

f:id:threefivethree:20190310191804j:plain
一番の推しはニコライ a.k.a. ジェイミーですけどね!

f:id:threefivethree:20190310192104j:plain
やっぱジェシカ・チャスティンの髪色はこっちがしっくりくる

そんなわけで、苦手だけどたまーにホラー系を観てしまうわたしなのでした。そう、ジェームズ・ワン監督の新作ホラー「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」観なよ!やだよ!っていう話から、じゃあ手始めにと本作を勧められたわけですよ。 これな〜「グリーンブック」のリンダ・カーデリーニさん出てるからな〜〜映画館でホラー映画デビューしてみるかな〜いや〜〜嫌だな〜〜(もうしばらく悩めます。5月公開予定)。

(2019年30本目)

Mama (字幕版)

Mama (字幕版)

PrimeVideoで200円くらいなので課金して観ました。ホラー苦手なのに偉い。偉すぎる。