353log

主に映画の感想文を書いています/【ご注意】GOTs8ネタバレあります

帰ってきたヒトラー(2015)

f:id:threefivethree:20190311194407j:plain ドイツでベストセラーになった風刺小説を、同じくドイツで映画化した作品。

なぜか2014年のベルリンで目を覚ましたアドルフ・ヒトラーが、現代に順応しつつ再び地位を得ていくという、ものすごいセンシティブな風刺コメディ…です。

正直、ヒトラーのこと全然知らないのです。ホロコーストとかその時代の話をたまに観るくらいで、漠然としたイメージしかなくて。なので教養のなさをひたすら悔やむ2時間でした。楽しんだけど、詰め込まれた情報量からしたらきっと1割も楽しめていないんじゃないかと思ってます。

ですが、知らないなりに引き込まれる映画でもありました。観ているうちにすっかり本物のヒトラーを見ているような気持ちになって、しかも彼はぶっちゃけ魅力的で。結局そういう、現代社会にヒトラーが現れたら我々はまた感化されてしまうのか?みたいな映画らしいのです。

まるで予想のつかない展開といい、かなり不思議な映画体験のできる作品です。すごくおもしろかったけど、すごく…何も書けない…。

(2019年31本目)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

ヒトラーがメールアドレス取ろうとしてるくだりの「ヴォルフスシャンツェ…… 6が付くわ」で声出して笑いました。