353log

主に映画のあらすじと(まとまりのない)感想文

YUKI tour "MEGAPHONIC" 2011 / 横浜アリーナ(2011/11/03)

二回目、行ってきました。もともと行く予定はなかったところですが、譲っていただいたため。収録入ってました。セットリストは幕張(こちら参照)と同じかな? 結論から言うと、ものすごく良かったです。

理由その1。喉の調子がかなり良くなっていた。幕張がとにかくもう、目も当てられないような調子だったので、今回も決して絶好調ではなかったのですが、受ける印象としては「絶好調!」でした。7割ぐらいでしょうかねー。シビアに聴かなければほぼ気にならないレベルです。オーチャードなどの正真正銘「絶好調」を体験してはいますが、僕にとってのYUKIはこれくらいで全然満足です。

理由その2。近かった。幕張はスタンド最後列だったので恐らく最も遠く、本人の表情や衣装などはスクリーンでしか確認できませんでした。それが今回はアリーナ前方、しかも花道のすぐ横あたりだったため、とりあえずもう登場の時点で大満足(笑) 近かったー、天使だったー…。

衣装も幕張と同じだったと思いますが、二番目のカラフル原色ドレスと三番目の亀甲縛り的なw衣装が近くで見ると大変よろしかった。特にカラフル原色ドレスがブラックライトに照らされたところは格好良く、可愛く、美しく、そんな感じでした。

印象に残った曲。今回も「ハローグッバイ」はグッとくるものがあり、改めてこの曲大好きだなあと実感。それから「Hello!」。この曲は驚くほどライブ化けしますね。CDより遥かに存在感のある曲になった気がします。これセトリでは続けて3曲なのですが「ワンダーライン」もトリップ具合が最高に気持ちいい。NRツアーのドキュメントだったかで「今日のワンダーライン最高だった!」みたいなシーンがありますけど、ライブでのこの曲はほんとにアツいです。久々にライブで汗かいた。

ティンカーベルもいいですなー。YUKIライブへはこの曲を歌いに来ている感もあり、たとえ本編でやらなくてもアンコール待ちで歌えるとそれだけで嬉しいんですけど、本編でやるといいなあ、やっぱり。客席カメラになったとき涙腺が緩んでしまいました。「WAGON」も鉄板。去年のバージョンも好きですが、騒ぐならこのオリジナルバージョンよね。

MC、言ってることは基本変わらないけど、ニュアンス的には幕張のほうが若干重めだったかも? 今回はだいぶ肩の力が抜けてきた感じがしました。「仕事という名の遊びにお付き合い下さい!」もサラッとな。でも最後、マイクなしで叫んだあと感極まってるようには見えたかな。ステージから去りたくない感じをすごい受けました。

そういえば横アリは13年ぶりなんだそうな。ということは前はJAMですね。「当時はすごく大きな会場に思えたけど、今はすごく狭く感じる! みんな抱きしめたい! ぎゅっ!ぎゅっ!」的なことをおっしゃってました。抱きしめられました。狭くって抱きあうよ!

てなわけで、喉が調子良かったから? 席が近かったから? それともただ単にYUKIの魅力が倍増してた? 理由は分かりませんが幕張よりも遥かに楽しめたライブでした。幕張は遠かったぶん、一生懸命な「声」だけがストレートに刺さってきて結構辛かったのかもしれないな。

最後は来月の代々木! 多分また新しい感動があるであろうと思うので、そのときはまた書くでしょう。ツアーはまだまだこれから。事故なく無事に進みますように!