353log

主に映画の感想文を書いています

映画「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019)」雑感|スカッと笑いたい全ての人へ

f:id:threefivethree:20200901202908j:plain

女優としても活躍するオリヴィア・ワイルドの長編初監督作品『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』を劇場鑑賞しました。

「ブックスマート=book-smart」とは「(学歴や教養はあるが)世間知らず」な人のことを形容する言葉だそうです。つまりこの映画は、そんなガリティーンたちが最後の最後で羽目を外すお話。……と言っても間違いではありませんが、実際はそんな予想を痛快に裏切るブッ飛びコメディでした。たくさん笑ってスカッとしたい全ての方におすすめです。

本作の"book-smart"な主人公は、成績優秀なハイスクール女子二人組エイミー&モリー。彼女たちは決して所謂スクールカーストの最底辺的な感じではなく、多様性が極まったクラスの中でそれなりに楽しくやっております。それにしてもしかし、クラスメイトはチャラついた奴らばかりです。あんたらの人生ってアレでしょ、「高校時代がピーク」なんでしょ。その点うちらはしっかり勉強していい大学入って輝かしい未来が待ってんだからね、ざまあみやがれ! そんなスタンスで中指立ててた二人ですが、卒業前日にして衝撃の事実を知ってしまいます。え、みんなめっちゃ進路いいやん。どゆこと。

なんと、チャラつくだけが能だと思っていた奴らも実はしっかり将来有望コースを手にしていたのでした。ということはつまり?? あたしらは単純に奴らの「高校時代をエンジョイ」ぶん、まるまる損しているのでは??? は?! 悔しいんですけど!! おいパーティー行こうぜ!!!!!

そんな成り行きで、エイミーとモリーはその晩クラスメイトたちが開くチャラッチャラな卒業パーティーへ鼻息荒く乗り込むのでした。と思ったらまずパーティー会場がどこだか全然分かんねえし、なんか違うパーティー連れてかれるし薬盛られるし殺されそうになるし最終的にはまさかの場所へ……、とにかくこの夜は長い。騒がしい。楽しい。のです。

ブックスマートここが最高

まずなんといってもエイミーとモリー(演じるのはケイトリン・デヴァー&ビーニー・フェルドスタイン)の親友二人組が超絶可愛い/超絶面白い/超絶サイコー。始まった瞬間ガシッと心掴まれてそのまま最後までゴーです。地味だった子たちが開花する話ではございません。彼女らは幕開け早々すでに満開です。

そして本作なかなか突き抜けてるのが下ネタ。『フリーバッグ』級のエグい下ネタが絶え間なく投入されていくのですが、しかしカラッと笑えてしまう不思議なバランス感覚。パンダのくだりなんかはもう、涙出ますね。たまらなくしょーもないけど、こんな友達関係いいよなあ、羨ましいよなあとも思います。『フリーバッグ』同様に女性監督が描く女性視点での下ネタということでどなた様も(内心)好ましくご覧いただけることでしょう。

もちろん下ネタ以外でも全編通して笑いのセンスが最高で、実質『デッドプール』を観るくらいの心構えで劇場へ足を運んでいただきたいです。個人的には、キャリー・フィッシャーの娘さんビリー・ロードが演じる神出鬼没のジジちゃんが大好きです。お母さんからコメディエンヌの素質しっかり受け継いでるなあって、火炎放射器をぶっ放す『ブルース・ブラザース』での母上などが頭をよぎるのでありました。

ようこそ映画音響の世界へ

という素晴らしいドキュメント映画がありまして、このひとつ前に(30分休憩を挟むのみのハシゴで)観たのですが、その流れだと例えばトイレでの「イェール大学事件」直後からの演出がまさに「音響芸」として見れておもしろかったですね。ありえない音でドアが閉まって、校内を走ってるだけなのにありえない轟音がモリーの脳内を駆け巡って。どれだけ彼女が打ちのめされたかよく分かる音響芸でした。

他にも、エイミーとモリーのシリアスな口論シーンで次第に音がなくなっていく演出。これも印象的な音響芸ですね。この2点だけでもオリヴィア・ワイルド監督が音響にかなり重きを置いていること、伝わってきます。

ぜひこちらもご覧ください。

とまあそんな感じで(最後違う映画の宣伝入りましたが)サイコーな点は枚挙にいとまがなく、確実にいい意味で「思ってたのと違う」映画になっておりましたので、ぜひ映画館でお楽しみください。公開規模もう少し大きくなるといいな…! ていうか全シネコンでかかっているべき映画だと思いますこれは。よろしくお願いします。

(2020年154本目/劇場鑑賞) とっても可愛いノート風パンフレットをデザインされた大島依提亜さん出演のアトロク映画パンフ特集、おもしろかったのであわせてどうぞ。