353log

主に映画のあらすじと(まとまりのない)感想文/期間限定でNY旅ブログ連載中

バーフバリ 伝説誕生(2015)

バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray]

バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray]

噂のバーフバリ。前編観ました。

あらすじ…?と感想

捨て子の主人公シヴドゥ。彼は成長していくうち、そびえる巨大な滝の「上の世界」に興味を持つようになる。滝登りチャレンジを繰り返すある日、滝の上から仮面が落ちてきて、持ち主の女性に会いたい一心でついにシヴドゥは「上の世界」に到達する。

そしたらまあなんか、バーフバリ。

一応あらすじを書いてみようと試みたものの諦めました。

とりあえず、序盤とその後の色が違いすぎて戸惑う(笑) 序盤はひたすら展開早いわ壮大なくせにチープだわしょっちゅう化粧品のCMみたいになるわである意味「イメージ通り」の爆笑展開なんですが、後半からは「ベン・ハー」か「十戒」かみたいなスペクタクル巨編になるもんで、あれ?さっき観てたあのCMみたいなやつは同じ映画だっけ?って首をかしげます。

もっと超絶ハチャメチャ系を期待してたので、「思ってたよりマトモ」っていう印象が強くて、そこまでインパクトはなかったです(序盤のインパクトはすごかった。そして後半も決してインパクトが薄いという絵面ではないのだけど笑)(「私にタトゥーを入れた人」の曲よかったな〜)。

以前「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」が流行ったときも「すごかった、けどツボではないな」という印象だったため(立川の極爆で観てもなお)、多分こういう系のはわたしそこまでストライクじゃないんでしょうね。マッド・マックスが超ツボ!V8!V8!な方は絶対ストライクなやつだと思います。

もちろん続編は観ます! ノーカット版が公開されるらしいのでそれまで待つか、取り急ぎでカット版を観るか悩みどころ。

(2018年65本目)