353log

主に映画の感想文を書いています/NY旅ブログも連載中

ロバータ(1935)

ロバータ [DVD]

ロバータ [DVD]

フレッド・アステア×ジンジャー・ロジャースのコンビ3作目。未見のものを順番に観るつもりでいたのに、ひとつ前の「コンチネンタル」を飛ばしていたことに気付く(笑) 今度観ます。

「空中レヴュー時代」とは違って今作は主役のはずなのだけど、ポジション的には「空中〜」と同じような印象。ラブストーリーの主役は他にいて(アイリーン・ダンのところのカップル)、アステアロジャースは一応ラブストーリーも設定されてる脇役っていう感じ。でもアステアの軽さは、それくらいのポジションのほうがすとんとハマるんだよねと思っています。

アステア作品の大半を占めるであろうバックステージものではなくてファッションブランド(その名も「ロバータ」)が舞台となっているのも新鮮でよかったです。ファッションショーのシーン、モノクロなのにとにかく華やかだった!

「煙が目にしみる」はこの映画の曲なんですね。ジャズのスタンダードっていうことで、もっとブラックなものをイメージしていたのでちょっと意外。そういえば劇中のピアノはアステアが実際に弾いている模様。うまい!(空中〜ではひどくテキトーなアコーディオンだったのに!)

しかしわたし、ジンジャー・ロジャースの顔をいまいち認識できていない疑惑。彼女の出ている作品を観るとき、必ず一度は他の人と見間違える……。

(2018年19本目)