353log

主に映画のあらすじと(まとまりのない)感想文/期間限定でNY旅ブログ連載中

ターミナル(2004)

トム・ハンクス主演、スティーヴン・スピルバーグ監督作品。ちょっと最近、ニューヨーク縛りで映画を観ています(と言いつつ、これほぼほぼニューヨークではないのだけど笑)。

あらすじ

アメリカ最大の玄関口、JFK空港。ビクター・ナボルスキートム・ハンクスはたどたどしい英語で入国審査を受けるが、入国要注意人物として取り押さえられてしまう。彼はクラコウジアという国から来たのだが、彼のフライト直後、内戦の勃発によってクラコウジア政府が消滅。不幸なタイミングでパスポートが無効になってしまったのである。

「法の隙間」に取り残されてしまったビクターは、空港内のロビーで事態の解決を待つことになる。はじめは会話すらままならなかったビクターだが、長い「空港生活」のなかで徐々に不思議なライフスタイルを手に入れていく。寝床も職もある。敵がいれば仲間もいて、なんなら恋の予感まで。果たして彼はニューヨークの街に足を踏み出すことができるのか。そもそも彼がニューヨークへやってきた理由とは?

空港の中だけで繰り広げられる、ハートフル・エアポート・コメディ。

雑感

掴みはそんなによくなかったです。あんまり好きじゃないほうのトム・ハンクスだな〜と思ってしまって(実話系の憑依したトムはすごく好き)。そんなことある?? そんなこと、ある???? みたいな感じがしばらく続いちゃって、うーん、だったんですけど。次第にテイストを理解してきて、気付いたら心があたたまっていました(笑) JFK空港国際線ターミナル67番ゲートに住んでいるナボルスキーさんを中心に繰り広げられるハートフル・コメディ、なんですね。

あ、ものすごい軽いノリなんだこれ、もしかして。ってのに気付いてからはとても楽しく観れました。トム・ハンクスはこういう役ほんと合いますね。恋のお相手CAさんのキャサリン・ゼタ=ジョーンズがまた可愛い。黒髪かつ比較的素朴な顔つきの彼女は、日本人好みなルックスだなと見るたび思います。

息苦しさすらあった空港内が徐々にビクターの「ホーム」になっていくのは、観ていて気持ちがいいです。後半、我が家のようにリラックスしたビクターを監視カメラが興味ありげに追うシーンとか、すごい好きです。正直、そもそも管理の厳しい空港という場所で、それもJFK空港などという世界的にもトップクラスの場所で、こんなユルいお話は有り得ないはず。でも、そんなこと気にならなくなってきてしまうのがおもしろいところ。いつの間にかファンタジーです。

こういう映画だったんだ〜っていう意外性があると思うので、「トム・ハンクスが空港に閉じ込められる話でしょ」って思ってる未見の方にこそおすすめしてみたい感あります。

(2018年193本目)