353log

主に映画のあらすじと(まとまりのない)感想文/期間限定でNY旅ブログ連載中

ミッション:インポッシブル2(2000)

M:I-2 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

M:I-2 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル(1996)」の続編。ジョン・ウー監督作品。Prime Videoが観れるようになったので2〜5と一気見しました。あらすじは省略(笑)

これといって内容はないのだけれど

見どころは多い! ということでずらずら〜といってみましょう。

トム・クルーズかっこいい!と思ったらいきなり偽物だったのでなんか複雑。いや、本物なんだけどストーリー上は偽物であり、なんか複雑ッ…。今回は「二人のイーサン」対決がなかなかおもしろかったです。「15分ごとにアホっぽい笑顔。君の真似はそこが難しい」言われてる〜〜。

▼休暇のシーンで手に汗握る。最初のつかみ、ロッククライミング。このシリーズってことはもちろんこれも本人がやってんでしょ〜〜?! めちゃくちゃ嫌な汗かいてきたしそんなとこで両手離して休憩しないでほしいし何よりアホっぽい笑顔やめてほしいんですけど〜〜!! バカンスのくせに本編中で最も手に汗握るシーンでした。どうなのそれ。

▼ハントガール?イーサンガール? ダンディ・ニュートンさん色っぽくてよい。初登場シーンの秘密道具は高まるし、ありゃイーサン惚れてしまうわけです。アウディとポルシェをボッコボコにしながらのチェイスシーンもつかみはOK。あと「3700万ポンドの価値のあるアマよ!」って言う台詞が、なかなか言う機会なさそうでとてもシビれた。

▼今回のちょっと古くさガジェットはデジタルカメラデジタルカメラ」って言う時点で。あと懐かしのPowerBook G3あたりが出てましたね。

▼ラストの荒野じみたバイク決闘シーンは、意図的か偶然か、ヘリの前に倒れ込んだイーサンの顔がものすごくイーストウッドだった。

▼あの鳩はジョン・ウー監督のシンボルなのね〜。

といったところで。前作からたった4年ですが、一気に「今風の映画」なルックになっていて驚きました。ただ特に序盤、ちょっとロマンス成分多すぎかな、しっとりしすぎかな、という印象も。4本一気に書くのであっさりいきます。以上!

(2018年165本目)