353log

主に映画の感想文を書いています

ハングル能力検定5級を取った話②|なんやかんや、単語暗記はイラストと語呂合わせが強い…。

テキストと単語帳

ハングル能力検定5級を取りました、という話。前回は韓国語勉強を始めたきっかけと、最初の一歩「ハングルの読み方を知る」までを書きました。今回は、検定試験に向けた勉強のことを書いていきたいと思います。


興味本位でハングルの読み方を勉強してみたのが昨年11月。だいぶ間があいて今年の3月、今度は6月の検定試験を見据えて(ただし出願はぎりぎりまで待って)勉強再開しました。

ちなみに、振り返ってみると検定試験のことを知ったのはもっと前だったんですよね。昨年5月のTBSラジオアフター6ジャンクション』通称アトロクにて、当時韓国ドラマに大ハマりしていた熊崎アナが「ハン検受けます!」と宣言していて、それで知ったのです。

なお熊崎アナ、この際は6月の試験を受ける予定だったもののスケジュールの都合がつかず次回に見送り、おそらくその後も受けられていないと思われます。スポーツ実況アナウンサーなので日曜日の試験はなかなかきついのでしょうね(今も五輪に駆り出されてアトロクお休み中)。

動画で勉強してみる

前回の記事で紹介した本によってハングルの読み方はざっくり分かったので、今度は文法を勉強してみることにします。韓国語の文法は日本語と同じ順番です。つまり「韓国語」「の」「文法」「は」「日本語」「と」「同じ」「順番」「です」という並びになります。これは嬉しいですよね。

以前ニューヨークひとり旅をした際の事前勉強にYouTubeの英会話動画がかなり役立ったので、まずはテキストではなく動画に頼ってみることにしました。特にお世話になったのはこちら。

この先生がなんか好きでして、先生目当てに通っていたような感じです(笑) わたしは途中でテキストに移行してしまいましたが、発音の再確認や文法の超初歩段階などはこちらの先生に教えていただくの、おすすめです。ヨロブン、トマンナヨ〜〜(みなさん、また会いましょう)(と必ず最後に言ってくれます)(言いたかっただけで、まだ終わりません)。

ハングル検定用のテキストを買ってみる

毎日少しずつ動画で勉強していたものの、だんだん難しくなってきたのと、上記の講座は「ハン検5級」対策に限ったものではないため範囲外の勉強までしちゃってたら効率悪いなと思い、試験対策用のテキストを買ってみることにします。

買ったのはこちら『改訂版 はじめてのハングル能力検定試験5級』。対策テキストは結構いろいろ出てるので、クチコミよりも本屋で実際に中身を見てみて、なんとなく自分に合いそうな雰囲気のものを選ぶのがいいと思います。わたし的にはこのテキスト、解説が丁寧で好きでした。勉強始めたての頃から試験当日まで、書き込みまくってボロボロになるまで使わせてもらいました。

しかし、このへんでようやく気付きます。文法も大事だが、「単語が分からないとどうにもならん」と。

このテキストには別冊の単語帳が付いていて、出題範囲の単語(頻出260語くらい)を赤シートで覚えることができます。ただ、いかんせん韓国語はそもそも知らないワードだらけです。いきなり単語のリストを渡されたところで、わたしの場合は絶望的な気分になるだけでした。そこで──

語呂合わせの単語帳を買ってみる

単語暗記に特化した本を買ってみることにします。以前から本屋でよく見かけてはいた『イラストで覚える hime式 たのしい韓国語単語帳』というベストセラー。ポップなイラストとわりかし強引な語呂合わせがたっぷり500語以上載っている本です。

ただこれ、ぶっちゃけ絵が好きじゃない&語呂合わせのセンス(?)も好きじゃない、って印象で、わたし絶対こういうのは買わないだろうなと思ってたんですよね。でも思い返してみると、最初に買った1時間でハングルが読めるようになる本もなかなか強引な内容だったんです。そのおかげで覚えられた自覚はあったんです。なので、ええい!試してやる!という気持ちで買ってみました。

結論から言いますと、わたしの場合この本がなければ合格には程遠かったと思います。やっぱりイラストとか語呂合わせって、強いです。驚くほど記憶に残ります。しかもどうやら「好きじゃない」からこそインパクトが強烈で残りやすいんですよ。つまり勉強中の皆様、こういった本を買う際はあんま好きじゃないテイストのものを選んだほうが効果的かもしれません。

他にもこの本、さすがベストセラーと言うべき優れた点が多数あります。特におすすめなのが音声アプリです。掲載単語全てに対し「単語の意味」「実際の発音」「例文」が順番に収録されているので、記憶を定着させるのにかなり役立ちます。通勤時間など、暇さえあればこればっかり聴いてました。索引に意味が併記されていないのも、記憶度チェックに役立ちました。

また初めのうちは強引に思えた語呂合わせも理解が深まっていくにつれじつは熟考されたものであることが分かってきて、著者様ごめんなさい!!って感じでした。「パンかぶったさん、お会いできてうれしい」とか、もはやそれ以外の語呂合わせは考えられないもんな……。試験会場でどれだけの人の頭に「パンかぶったさん」が浮かんでたんだろうな……笑

というわけで、膨大な単語を手っ取り早くインプットしていきたい方はこちら、試してみる価値大アリです。伊達にベストセラーではありませんでした。続編もあるようなので、4級に挑戦することがあればまたお世話になってみようと思います。


さて、5級受験までにはまだいくつか過程が残っていますので、続きは次の記事にて。


ちなみに先程「韓国語は知らないワードだらけ」と言いましたが、漢字をベースにした言葉もたくさんあるのでそこは日本人の有利なところだと思います。全く同じ読み・意味の単語もありますし、「写真」が「サジン」、「医者」が「ウィサ」といったようにふんわり連想できるくらいの近さの単語も多いです。これから勉強される方はお楽しみ(?)に!

ハングル能力検定5級を取った話①|きっかけは「愛の不時着」のアレでした。

突然ですが、ハングル能力検定5級を取りました。1993年から年2回実施されている検定試験で、わたしが受けたのは今年6月の第55回。5級に関しては4,000人ほどが出願したそうです。

ちなみに5級のレベルは、公式の説明だとこのようになっています。

60分授業を40回受講した程度。韓国・朝鮮語を習い始めた初歩の段階で、基礎的な韓国・朝鮮語をある程度理解し、それらを用いて表現できる。

・ハングルの母音(字)と子音(字)を正確に区別できる。
・約480語の単語や限られた文型からなる文を理解することができる。
・決まり文句としてのあいさつやあいづち、簡単な質問ができ、またそのような質問に答えることができる。
・自分自身や家族の名前、特徴・好き嫌いなどの私的な話題、日課や予定、食べ物などの身近なことについて伝え合うことができる。


各級レベルと合格ライン | ハングル能力検定協会


おそらく英検5級と同程度だと思いますが、なんだかんだカタカナ英語などで日常的に接点のある英語と違って韓国語はそもそもインプットされていないことが多すぎる!

「約480語の単語」にしたって、その殆どを1から覚えないといけないので(だってケンチャナヨとかサランヘヨ、せいぜいプルコギくらいしか知らないし)思いのほかハードルは高いなというのが挑んでみての感想でした。

てなわけで、どんな経緯で「ハン検」ことハングル能力検定を受けることにしたのか、どんな勉強をしたのか、といったことを順番に書いていきます。

きっかけは『愛の不時着』のアレ

映画ではポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族(2019)』、ドラマではNetflixの『愛の不時着』『梨泰院クラス』などにより何度目かの韓国エンタメブームが日本に巻き起こった2020年。かつてのヨン様&冬ソナ旋風には乗らなかったわたしですが今回はすっかり乗せられてしまい、今となっては韓国カルチャーの虜です。『82年生まれ、キム・ジヨン』に代表される韓国文学もだいぶ読みました。

となると、ハングルの読み書きに興味が出てくるのも時間の問題。最初に「読めたらな〜〜〜」と思わされたのは、『愛の不時着』における「背表紙芸」です。

ドラマ『愛の不時着』より
ドラマ『愛の不時着』より

背表紙の頭文字でラブレターを作るというベタベタ案件なのですが、これが読めないのってなんとなく悔しくありません? 英語なら少なくとも読むことはできるのに、ハングルとなるとただの記号にしか見えない。感動のシーンなのに、字幕を介して「そうなんだ」と感動することしかできない。せっかくならダイレクトに感動したい。

それ以前にも、例えば映画でタイトルが大写しになったときに読めないとか、看板の文字や新聞の文字が読めないとか、多少のもどかしさは感じていました。なのでわたしの学習動機は「読みたい」の一点です。

まずはハングルの読み方を知る

この時点で「ハン検」はまだ眼中にありません。本屋へ行き、それらしき入門本『1時間でハングルが読めるようになる本』を買ってきました。

こちらは、細かいことは置いといてとにかくハングルを読めるようにしてくれる本です。ハングルって子音と母音の組み合わせで成っていて、子音と母音さえ覚えればローマ字みたいに読めるんです。『愛の不時着』に計2回登場する背表紙芸から、もうひとつのほうを例に挙げてみましょう。

ドラマ『愛の不時着』より
ドラマ『愛の不時着』より

まず、真ん中の青い本。1文字目には「己」みたいなのと縦棒が並んでいますが、「己」みたいなのは「R」で、縦棒はそのまま「I」。続けて読むと「RI」つまり「リ」。そういう仕組みになってます。

または左端、薄緑色の本の1文字目には「人」みたいなのと「ト」みたいなのが並んでますね。「人」は「S」「ト」は「A」です。続けて読むと「SA」つまり「サ」。これはお馴染み「サランヘヨ」の「サ」だったりします。

といったことをこの本では「とりあえずざっくり簡単に」教えてくれるので、読み終えた頃には例の背表紙も読めちゃいます。こ、これは世界が広がる。大興奮の第一歩なのでした。

それが去年の11月ごろで、「ハン検」に目が向くのはだいぶ後の3月ごろ。たかが5級されど5級、まだまだ先は長くなりそうなので続きは別途書くことにいたします。